お土産の軽石

お土産というのは何が良いのか悩むものではありますが、その辺のものをなんでもかんでも買ってくれば良いというものでもありません。

家族へのお土産というのがこれまた難しい。

「無駄!」とまでは言わない(?)けれど、必ず文句を言われますからね。(笑)






鹿児島といえば桜島、桜島は活火山、活火山は噴火する。

その火山が噴火した時に噴出された物質の1つが軽石で、一応石ということにはなっているけど、水に浮く。

「え〜っ!?石が水に浮くが!」

にわかには信じられないRくん。




おとーさんが鹿児島で操業していた時のお土産の軽石。

おとーさんたらずっと船に忘れて・・・やっと持って帰ってくれました。




早速屋外の金魚の水槽まで持って出て浮かべてみたRくん。

「ほんまや〜!」

「浮いちゅう〜!」




《軽石》の用途といえば、私などはカカトのお手入れ用というイメージが強い世代。

ところが今は別の用途で《軽石》の需要がかなりあるようです。

そしてその用途を調べていたら・・・新事実!?

ずっと土だと思っていた園芸用の《鹿沼土》は実は軽石!?

確かに言われてみればその通り。

乾燥した鹿沼土は確かに軽くて、水を掛けたら浮き上がります。

《5万年前に赤城山が噴火したときの火山灰が風化したのが鹿沼土》




Rくんも感激したけど、私もかしこくなりました。

おとーさん、軽石とはなかなか良いお土産でしたね〜!(^^)/




人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM