ヒラスズキ

3月4日(日)20:30頃玄関に人の気配がして出てみると我が家の食材調達人が。(笑)

徐々に渋くなりつつあるアジングに行ってきたそうです。

一級ポイントはもっと別の場所だと思いますがなぜに中州?

釣れないポイントで釣ってこそ腕ということもありますが・・・。




アジの写真は撮り忘れましたが、アジ2匹とヒラセイゴ1匹が届きました。


スズキ目スズキ科スズキ属ヒラスズキ(36cm)


写真を撮るにはぴったりのサイズ。(^^)v




↓こちらは胃の内容物です。






で、

見た目でパッとヒラスズキと決めつけていましたが、いざブログで記事を書き始めると一抹の不安が。(^_^;)

これ、本当にヒラスズキ!?

『日本にスズキ科魚類は3種生息しており、本種のほかにスズキと外来種のタイリクスズキが知られている。互いによく似ており、その同定は難しい』(引用WEB魚図鑑)

自分勝手に思いこむだけなら良いのですが、公表するならきちんと確認ですよね。

いつもの詰めの甘さに苦笑い。




すでにゴミ箱に投入された残渣を引っ張り出してきて背鰭軟条を数えましたよ。

タイリクスズキの背鰭軟条数は12〜15。スズキの場合は12〜14。 ヒラスズキだと背鰭軟条数は15〜16です。

ちょっと臭いも出てきてますが、1、2、3、4・・・・・16!




あっ!顎に鱗があればヒラスズキ!

スズキとタイリクスズキにはそれがないというのを思い出しました。

どれどれ・・・頭部も引っ張り出して水洗いして観察です。

ゴミ箱に入れる前にちゃんと見たら良かったのに、そこが私の間抜けなところ。(ー ー;)



う〜ん・・・ウロコ!?


これかな?

これでヒラスズキとちゃんと同定できましたね。(^^)v





以下、必要な情報かどうか悩みましたが、誰の釣果かわからなくなるので一応書いておきます。

「チヌも釣れたけどそれはリリースしました」と、この日の釣果は全部◇◇くんのもので、◯◯くんはボウズだったとのこと。


◯◯くん、運転お疲れ様でした!(^^)/


人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM