あれから1年経ちました

2017年4月18日に突然カツオ釣りの船に乗ることになったおとーさんが、数日後の22日(土)にヒラソウダ2本とカツオ1本をお土産に持って帰ってきたことを覚えていますか?

まあそんなことは誰も覚えてないでしょうね。家族ですら忘れています。(笑)

一本釣りの研修!?】 【 ただいま修業中

あれから1年経ちました。





4月某日の水揚げ

ここのところカツオが豊漁で安値で推移しているらしいですが、釣れて何より。




この時期、沖ではスマ(ヒラソウダ)も釣れるんですね。

2018年4月21日(土)のお土産はヒラソウダ1本とカツオ2本でした。








ヒラソウダ(全長:52cm)

なかなか脂のりの良い美味しいヒラソウダでした。(^^)v




カツオの一本釣り、仕事がどの程度きついのかは全くわかりません。
なんだかんだ言ってもまだ若いですからね。(笑)

拘束時間は半端なく長いですね。

休みも不規則、夕方帰ってきてその日の夜には出るなんてことはザラ。

明後日昼までは休みと聞いていても、翌日突然召集がかかったりで、家族の予定はメチャクチャになります。

それでもおとーさんは愚痴も言わず仕事に向かいます。

自然相手の仕事とはそんなものです。人間の都合の良いようにはならなくて当たり前ですね。
(おとーさん自身はかなり楽しくお仕事をさせていただいています)




最近はおとーさんがいない事に慣れてきたEくんとRくんですが、「おとーさんいつ帰るが?」と時には尋ねてきます。

今は便利な世の中で、おとーさんが電波が入るところにいれば顔も見られるし話も出来るのでたいていのことはなんとかなります。




そして、おとーさんが家にいなくても、子供というのはちゃんと見ています。

Eくんが4年生時に書いた作文です。

『ぼくは将来漁師になりたいです。理由は3つあります。
1つ目は、お父さんが漁師で楽しそうだからです。
2つ目は、ぼくは魚が好きで・・・。
3つ目は、今たくさんの魚の名前や特徴を・・・。
やってみたい仕事はいろいろあるけど、漁師を一番やってみたいです。』

こども高知新聞「読もっか」の記者だよりに採用されていて家族一同ビックリでした。




おとーさんが仕事を楽しそうにしていることがちゃんと理解できています。

将来はおとーさんのような漁師を目指すそうです。

おとーさん、Eくんが漁師になるまで頑張って楽しく漁師を続けて下さいね〜。(^^)/






10kgのカツオ

おとーさん、これもごぼう抜き?

10kgもあると大変そうな気もしますが、一本釣りはおとーさんの好きなごぼう抜きスタイルです。(笑)


人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM