ぼくのはふつうの人より太い

Rくんの力作です。



上の絵はユーチューブで公開されている描き方をお手本にして描いたものです。

結構時間をかけて丁寧に描いています。




ですが、本日見ていただきたいのは別の力作。




実は幼き頃より便秘に悩まされているRくん。

頑張って野菜をたくさん食べて下さいね。
とか
毎朝トイレに座る習慣をつけましょう。
とか
一時期は整腸剤も飲んでみたり。

ですが、

結局相変わらずです。(><)




お兄ちゃんのEくんはどちらかといえば逆のタイプ。

先日疲れが溜まったのか急に熱が出てお腹を下げ、翌日は吐き気も伴ってきました。

ちょうど水泳大会にエントリーしていたのですが、残念ながら棄権。




で、2人揃って小児科を受診しました。

Eくんは抗生剤、Rくんは便秘薬を処方されました。




Rくんは、その日小児科の先生に言われたことしっかり覚えています。

「ウンチのたまるところにウンチがいつもたまったままやき、そこが大きくなったまま元に戻れんなるが」

「ウンチを毎日出して腸をちゃんと元通りに小さくせんといかんがやろ?」

頭の中で理解できたことは実践しやすいようで、毎日薬を飲んでは1日1回トイレで座ります。

体は正直で、薬を飲み忘れるとなかなか催してきません。

この分だとまだしばらくは飲み続けなくてはいけないかもしれません。

が、いいこともありました。

毎日排便があると食欲も旺盛になるのか、良く食べるようになった気がします。




ある日Rくんは絵を描きました。

自分と普通の人の比較です。

きっと「ぼくはちゃんと分かっている」というアピールだと思います。

先ずは普通の人のお腹の中です。



その後自分のお腹の中も描いてみました。
ちょっと手抜きになりました。(笑)



おかしいな・・・胃2つ?(^^;)

まあそこはおいといて。

大事なのは直腸のあたりです。





ウンチの正体 菌は人類をすくう (坂元志歩 著)
参考にしたのはこの絵本です。

年末に私が買っておいたものですが、誰も手に取ってくれませんでした。

やっと出番がきて絵本も私も喜んでいます。

ヘソのゴマから始まってイグノーベル賞やNASAのウンチ研究、体の仕組みや生態系まで大人が読んでも面白い一冊です。




Rくんが頑張って描いた絵がなかなかよく描けていたのでブログ記事にしましたが、Rくんが便秘だということも表立ってしまいました。

別に恥ずかしいことでもないのですが、結構繊細な性格なので、会っても知らん顔して下さいね。

「便秘ながやろ〜!」とか絶対禁句です。

よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m


人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM