クロメジナ



ツイッターにアップしてすぐに間違いのご指摘をいただきました!

メジナはメジナでも「クロメジナ」でした。

相変わらずいい加減といいますかよく間違えております。(^_^;)

いつも気にかけていただいて助かっています。ありがとうございました。




高知での呼称は「クロメジナ」という標準和名ではなく「オナガグレ」の方がお馴染みかもしれないですね。

クロメジナ(オナガグレ)とメジナ(クチブトグレ)の見分けで一番分かりやすいのは鰓蓋の縁のようです。

鰓蓋の縁が黒く、尾柄部が長く、尾鰭が湾入していて 、鱗が細かい、というのがの「クロメジナ」の特徴。



クロメジナ


メジナ




そしてクロメジナは《背鰭棘条部中央下 横列鱗数》が 8〜13(普通10〜11)、メジナは6〜9(7が多い)なのだそうですが・・・《背鰭棘条部中央下 》がすでに分かりにくいです。(^_^;)





スズキ目メジナ科メジナ属クロメジナ(全長38cm)

スズキ目メジナ科メジナ属メジナ(全長30cm)




オキアミを餌にウキフカセという釣り方が一般的なようですが、サビキ仕掛けでも釣れます。

もちろんカネマンのボラ皮サビキですよ〜。(^o^)

今回は船からのサビキ釣りでの釣果を頂いたものです。

おとーさんが以前に尾長グレを釣ったのは、浜からの投げサビキでした。
ボラ皮サビキで尾長グレ!!


人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM