雷魚


雷魚

釣獲日は昭和52年10月10日、およそ40年前の魚拓を発掘しました。

当時、釣果を記録しておく方法は写真か魚拓。

記念すべき釣果は写真よりも実寸のわかりやすい魚拓に残すことが多かったと思います。

過去には小さな釣具店を営んでいたこともあり、磯釣り全盛期の頃に釣った魚の魚拓はかなりあったはずなのですが、そういうのは全て処分されていて・・・実にもったいないことをしたもんだと思いますが、今となっては取り返す術はありません。






さて、

この雷魚が釣れたのは、高知県で初めてブラックバスが入ったといわれる石土池と水路で繋がる住吉池となっています。

40年前にはどんな様子だったのかすら私は全く知りませんが。(^_^;)




ブラックバスは旺盛な繁殖力で各地で勢力を伸ばし、現在は特定外来種生物に指定されています。在来の魚を絶滅に追い込むと問題視されていますが、この雷魚も外来種なんですね。




【雷魚(ライギョ)】

カムルチーは、タイワンドジョウ科に分類される魚の一種。ライギョはこれらの科の総称。日本のカムルチーは1920年代に移入したものが各地に定着。





この魚拓になった雷魚、特に型が良いわけでもないのですが、記載された釣獲者が初めて雷魚を釣りあげた記念の1匹だったようです。

魚拓を見せられて「懐かしいねえ」と言ったのは、当時流行り始めたブラックバスのルアーフィッシングに夢中だった15歳の少年・・・今や50半ばのおじさんですが。(笑)


人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM