カタボシイワシ(Eくん的新種)

11月26(土)のアジ釣りの外道で釣れたカタボシイワシです。
釣行記【種崎カーブ(2016/11/30)


横から「コノシロや〜!」と声が上がる。

ピロシキくん、残念!

アジやないと。(^_^;)




「いやコノシロやないで」

「サッパ?」

けんどサッパにしてはオバケサイズ・・・。




さて、なんだろう?

見た目がサッパによく似ているのでサッパ属を検索してみました。



参照:WEB魚図鑑http://zukan.com/fish/internal5939

やっぱりサッパ!?

が、特徴などからカタボシイワシに近いような気がします。



カタボシイワシは腹鰭が9軟条。

数えてみました。


腹鰭

1 2 3 4 5 6 7 8 9、9軟条。

その上で、WEB魚図鑑で同定をお願いすると、やはりカタボシイワシでした。







背鰭

尾鰭


腹鰭


臀鰭


胸鰭




分布:南日本、奄美大島。台湾、福建、フィリピン、スマトラ・ジャワ島、マレーシア半島東岸、オーストラリア西岸。沿岸で群れをなす。 本土では稀であるが、鹿児島県や宮崎県ではまとまった数が水揚げされることがある。(引用:WEB魚図鑑)

本土では稀って書いてあります。



三重県のHP内の魚情報の記事にも!
http://www.pref.mie.lg.jp/suigi/hp/59953017616.htm

生息域が北上している魚種は微妙に増えている!?



現在我が家で大活躍中の【日本産魚類大図鑑(2016/7/22)】。
この図鑑は1984年発行ですが、カタボシイワシの記載はありませんでした。



ひょっとするとこの当時、カタボシイワシは日本まで北上していなかった!?

素人の推測ですのでほんとのところは分かりません。(^_^;)




今回は魚が26cmと大きかったので、

コノシロ?

コノシロとはちょっと違う!

ほんならサッパ!?

サッパにしては大きすぎるで。

じゃあ何よ?

カタボシイワシ!




これがもう少し小さかったら、「サッパよ!サッパ!」で終わっていたかもしれないですね。

Eくん的新種!!

ある意味アジより貴重でした〜!(^ ^)v


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM