ネズミギス

またまたおとーさんのお土産!

尺アジと一緒にクーラーボックスに入っていました。

Eくんの自由研究用ですね。 研究といっても知らない魚の名前を調べるだけですが。

彼は図鑑を見るのが好きで大人にもわからない魚の名前を即答することがたまにあって、時々びっくりさせられます。

おとーさんも含め我が家の大人達の良い刺激です。




さて、

ちびっ子博士にこの魚の名前がわかるでしょうか?


全長9cmほどの、どうやらまだ幼魚らしい

体色が半透明なものを白っぽい容器に入れたので、小さなヒレなどは私には全く見えません。

朝イチでこれを見たEくんは・・・

「サンマの稚魚かもしれん」

「けど、口がサメみたい。開かんろうか?」

と、口を開けてみようとしていましたが、小さくて難しかった。

・・・時間切れ、学校へ行く時間になってしまいました。(^_^;)


口がサメ!?

画像をピンチアウトして目を凝らして見る。
無理〜!(ーー;)






Eくんが登校したあとツイッターに写真をアップするとヒントが続々。

オキウルメ?

サワラ!

サヨリ!?

イカナゴ?

みなさんのヒントを手掛かりにそれぞれの魚の稚魚幼魚の写真を確認しましたがどれも違うみたい。

私も調べてみましたが、シロウオ、シラウオとも違います。

何だろう?

Eくんがサンマとか言っていましたが、サンマに関しては稚魚幼魚の参考写真が見つかりませんでした。

身近な魚なのにウェブ上にも見当たりませんでした。(^_^;)

さぁ困った!




が、世の中のはこういう分野を得意とされる方がたくさんいるんですね。

ツイッターなどを介していつも助けていただいています。


初めて聞くネズミギス

稚魚図鑑で確認してくださるそうなので楽しみに待ちます。 稚魚図鑑・・・Eくんも私も欲しい本ですが、きっと使いこなせない。

見るだけでも楽しいのでしょうが、高くて手が出せません。(^_^;)


こんなふうに中身を見せてもらったらもっと欲しくなります(笑)




同定のポイントのひとつは口!

Eくん!目の付け所がすごい!!

が、やはり自分たちの推測だけではここまではたどり着けません。




追加で写真を撮りました。

小さくて白くて大変でした。(^_^;)
















成魚の姿をWEB魚図鑑で確認しました。



出典:WEB魚図鑑http://zukan.com/fish/internal1367

似てるといえば似てますが、豊富な知識があってこそわかるというもの。

成魚は水深50m以上の深場に生息しているようですね。




後日おとーさんが持って帰ってきた別の個体を今度は黒っぽい背景で写真のお稽古。



















あ・・・




写真が逆さまになってしまいました。腹鰭(上)と臀鰭(下)です。




そしてEくんがサメみたいだと言った口。



iPadで接写は難しい。(^_^;)

手で触った感じは硬めのゴム、見た目以上にしっかりした体です。





他にもいろいろ

ライトで海面を照らしていると寄って来るそうです。 夜の海は面白そう。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM