血抜きの効果


2月14日(火)





2月17日(金)





2月22日(水)



ほとんどがギンガメアジですが、おとーさんが高知新港近くへ船を出した時に寄ってきたエバをアミですくったものです。

「エバはすくうのがしよい!」そうです。

去年のこの時期にはサビキ釣りとルアーでのエバ攻略に精を出しましたが、今年はアミですくうことにしたらしい。(笑)

エバを狙っているわけではなく、たまたま見えたものをすくっているだけなので数は少ないです。




ウチの家族は皆エバの刺身が大好きで、塩焼きや煮付けも美味しいとは聞くのですがいまだに刺身以外は食べたことがありません。(^_^;)

刺身なら簡単に出来るので刺身にしかしない調理員と、骨もなくパクパクと口に運べるほうが嬉しい食員という家族構成も原因です。(笑)




さて、

今日のお題は《血抜きの効果》、刺身で頂くときはかなり重要な血抜き処理です。

たまたま「今日のは血抜きしてないで〜!」というエバを持って帰ってきたので刺身に切って写真に撮ってみました。

頭を切り落とした時にも血がドロッと出てまな板を汚します。

「まな板が汚れるのが嫌」とか「血が出た〜!」とかそういうことではなくて血抜きがきちっとできている魚は捌く時から違いがあるという話。





血抜きしてないもの

盛り方が雑になりました。(^_^;)





血抜きしているもの

身が白くてキレイですね。

どちらも25cmほどのエバ1匹分です。




たかがエバ、されどエバ!

身のキメが細かく食感はコリコリと、マアジよりは少しサッパリした食味になりますね。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM