一本釣りの研修!?

故あっておとーさんがカツオの一本釣りの船に乗り組むことになりました。

4月17日(月)に「ちょっと出掛けてくる」と言って外出したのですが、帰って来るなり「明日から船に乗る事になった」と。

へっ!?

えらい急やね。

明日って準備する間がないで!(^_^;)

「とりあえず一週間分の着替えがあったらエイみたい」

「あとはこんなものをちょっと買わないかん」とメモを出してきました。

漁業用カッパ、耐油の長靴、手袋、布団、オヤツ、保険証。

布団?

布団って船舶用やろ?

そんなのすぐには無理で〜!





船舶用の布団は幅60〜70cmくらいの細長いもので、遠洋漁業華やかなりし時代には結構普通に売っていたんですけどね。

昔はうちにもありましたが、そんなもんとっくに処分したし・・・あちこちの布団屋さんに電話を掛けてみましたが現品を置いている店はありませんでした。(^_^;)

ネットで調べると結構ありますが、明日には間に合いませんよね。

布団の調達は諦めて、その他の買い物をして着替えを用意して・・・翌18日の午後、慌ただしく家を出たおとーさんです。




布団?

当然間に合いません。

仕方がないので寝袋を持って行く事にしました。(^_^;)




携帯電話の電波も入らない場所での操業なのか、日に1回連絡があるかないかの5日間が過ぎました。

「今日は帰れるみたいなき〜!」

と連絡があったのが22日(土)の午後。

そして帰宅したのが夜8時過ぎ。

お土産の入ったバケツを手に帰って来ました。

「お帰り〜!」と口は言ってますが、ゲームに夢中で寄っても来ないEくん。(笑)




お土産はもちろんお魚です。

Eくんの好きなスマ(ヒラソウダ)が2本とカツオが1本。



「これ、おとーさんが釣ったが?」(R)

「みんなで釣りゆうきね、誰が釣ったがかはわからんけどおとーさんも釣ったで!」(^^)v




もう夕食は終わっていたのですが、せっかくのお土産ですからね。

新鮮なうちに食べようと刺身にしました。

好きなものならいくらでも食べられるらしく、あきれるくらいパクつくEくん。

夕食ですでにお腹がいっぱいだったはずのRくんも釣られて一緒に食べていましたよ。(笑)

新鮮なうちが美味しいとはいえ、さすがに全部は食べ切れません。

残りの2本は明日のオカズにと冷蔵庫へ。






「1日の水揚げが最低でも1トン以上はあるき、イチイチ血抜きとか出来んきね」とおとーさんが言ってましたが、そりゃあまあそうでしょうが。

翌日さばいたヒラソウダはドロドロとそれなりに血が流れ出ました。

「カツオの首が折れちゅうのは、抜き上げて船に投げ込んだ時にそうなっただけで、わざわざ血抜きしたもんじゃないで〜」

なるほど。

一本釣りって結構荒いイメージがありますが、そうなんですね。

ヒラソウダは甘辛く煮付け、カツオの方はお昼に刺身で、夜はタタキにして食べました。




何日ぶりかで帰ってきたおとーさんですが、「(自分の)船のエンジンを回してこないかん」とすぐに出掛け、「明日は餌の買い付けに行くき5時集合って言われちゅうき」とさっさと寝てましたね〜。

翌朝はちびっ子が目が覚めた時にはすでに船上。

カツオ釣りに使う撒き餌は生き餌で、船で買いに行くのだそうです。

お昼過ぎに一旦帰宅しましたが、必要なものがあるとかで買い物に行き、夕方戻るとすぐに荷物をして船に向かうという慌ただしさ。




布団は?

布団はどうするが?

「あぁ、とりあえず寝袋で間に合うちゅうで〜!」




ゆっくり話を聞く間もなく、すでに船上にいるおとーさん。

次はいつ帰って来るんでしょう?

いろいろと文句や愚痴を言いたいところですが・・・。(^_^;)

スマもカツオもなかなか美味しかったき次もお土産よろしく!(笑)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM