ファミリーフィッシング@高知新港

JUGEMテーマ:海釣り大好き!

サビキ釣りのシーズンです。特にGWの頃はファミリーフィッシングには格好の季節です。

簡単な道具とサビキ仕掛け、コマセの赤アミがあればOKのサビキ釣り。アンドンカゴにエサを入れて、足元に落とすだけで、魚影が濃ければ、サバゴがエサに寄ってくるのも、針にかかる様子も見えたりして、楽しい釣りになります。
入れ喰い状態になれば、エサがなくても釣れてしまうくらいに難しいテクニックも必要ないのがサビキ釣りの良いところです。

(写真は4月30日午後4時頃の高知新港)


4月最後の土曜日、子どもさんの姿もチラホラ見えていましたが、釣果の方はいまひとつでちょっと残念。
今日はお魚さんがどこかに隠れてしまって、なかなか顔を見せてくれませんでした。
それでも、釣り上げたサバゴを手にした子どもさんをモデルに記念写真を写している家族連れの方も。


今回は中国産の赤アミを使用しました。
(画像をクリックすると大きなサイズで確認できます)
「国産に比べていかがですか?」・・・と、サバゴに感想を伺ってみたかったのですが、肝心のサバゴがほとんど見えず・・・1時間ほど頑張ってみましたが10尾。残念でした。
今日の釣果は、けっして赤アミのせいではないと思います。
「中国産の赤アミは国産に比べるとかなり白ぽい色で、あっさりとした味とニオイです」・・・これは人間さまの感想です。

サビキのカネマン

サビキ釣り、そのこだわり

JUGEMテーマ:釣り全般

カネマンで使用している釣針のサイズ見本をホームページに掲載しました。

昨日、高知新港でが使用した仕掛けは袖針5号 枝糸1号 幹糸2号小魚専用サビキでした。
現地の諸先輩からは、針は袖針3号〜4号くらいの小さいサイズのほうが喰いが良いとご指導頂きましたが、サバゴのサイズも大きくなってきたせいか、袖針5号でも問題なく釣れたと思います。
人によっては、アジ針のほうが掛かりが良くバラシが少ないからと、大物専用仕掛け小アジ針4号 枝糸1号 幹糸1.5号を使用している方も。

サイズ見本で見比べてみると、袖針3号と小アジ針4号ではかなり大きさが違います。
針の形状・色・サイズ、ハリスの太さ、ボラ・ハゲなどの魚皮のほかスキンやフラッシャーなどの素材と色の違い、天候・水の清濁・水温などさまざまな自然条件によって使用する仕掛けは人それぞれ・・・サバゴといえども皆さんそれぞれにこだわりがあることに釣りの奥深さ、妙味を感じます。

サビキのカネマン

サバゴ@高知新港

 
久しぶりにサビキ釣りをしてきました。
紺屋の白袴とでいいますか、長い間サビキ製造にかかわっていながら、釣りにはあまり縁のないです。
喰いが落ちていると聞いていましたが、突然思い立ったように「釣りに行く!」と言うMさんにお供しました。

まずは春野漁港に立ち寄りました。10人そこそこの人が釣り糸を垂れていましたが、ひとつふたつとポツリポツリ。近くの人のクーラーを見せてもらいましたが、今日はあんまり・・・10尾ほどだったようです。
一応竿は出してみましたが気がなく、切り上げて高知新港に移動しました。

高知新港(内港)でも10人ほどの釣り人でしたが、春野漁港よりは釣れている感じでした。
サビキ仕掛けは春野漁港で一度海水に浸けて15分くらい経っていましたので、ボラ皮の状態が良かったせいかどうか・・・入れ喰い。
周りでボツボツ釣っている方たちには少し申し訳なかったのですが、サビキはやっぱりカネマン。
喰いの落ちているときには差が・・・まあ、そうでなくては困ります。

夕方16:30から1時間足らずで70匹ほど釣り納竿。あまりたくさん釣れるとあとの処理が・・・(笑)
サイズは12〜15センチになっていました。

一品めは、頭を落とし内臓を抜いて・・・面倒がらずにもうひと手間。三枚下ろしにして南蛮漬け。
     
    
もう一品は、同じく頭を落とし内臓を抜いて・・・圧力鍋を使って煮付けにしました。骨まで柔らかくなりますので、小さい子どもさんでも美味しく頂くことができます。





宮城県産の赤アミが品薄で値上がりしているようで・・・次回は中国産のアミを使ってみる予定です。

サビキのカネマン

イタドリ(4)塩漬け総集編

ここのところしつこいくらいイタドリのことばかりになっていますが、まさに日々イタドリの皮剥きと塩漬けに明け暮れています。

春、イタドリの季節がやってくると気分はウキウキとして、車のハンドルを握っていてもそわそわと落ち着かないMさん。今年も海を越えてイタドリ採りに行って来たそうです。過去にはイタドリの上に人が載っているような状態になるほどにイタドリを車に満載して帰ってきていましたが近年は少なめで、今春は30キロのお米の袋2つにパンパンというところ。それでも大人1人がかかりっきりで丸1日かかって皮剥ぎします。


良いイタドリは・・・
長さが50〜60センチほどで、肉厚で先の葉がまだ出ていないもの、開いていないもの。手で折った際にポキッと音がして折り取れるもの。グシャと茎がつぶれるようになって折れないものは、大きくなりすぎていて繊維ばかりで食べられません。


イタドリの皮の山です。食べられる部分より皮が多いくらいで・・・剥いでいるうちに少々嫌気もさしてきますががんばります。Mさんは採る係。剥ぐだけの係、食べるだけの係もいます。(笑)
スルリと剥けるものはまあ良いとして、中にはどうにも皮が剥けないイタドリが混じります。そういう時はイタドリを少し温めます。蒸しこむという感じですが、ビニールの袋に入れてコタツの中で温浴、または戸外に持ち出して日光浴させます。それでもダメな時は・・・ぬるめのお湯に入っていただくこともございます。くれぐれもイタドリの色が変わってしまうほど温めないように気をつけてください。

皮を剥きつつ適当な大きさにカットして漬物桶などに入れてバラバラと塩を振ります。イタドリ、塩、イタドリ、塩と桶の高さの3分の2くらいまで繰り返します。
重石をするとびっくりするくらい水が上がってきますので、ぎゅうぎゅうと押し込むようにイタドリを入れたりしないようにしてください。


はじめは軽く重石(5〜7キロ)をのせ、少し水が上がってきたら追加の重石をします。
最終的には15〜20キロくらいでしょうか。






水が上がってきました。
イタドリの量が半分かそれ以下になるまで漬けます。
一日も漬ければ充分です。



上がってきた水分を捨てて二度漬けします。
この時に使う塩はニガリ成分多いものを使用します。精製塩に一割程度のニガリを混ぜてもOKです。

再び重石をのせて、さらにイタドリの水分をしっかり抜きます。



水分が抜けてぺしゃんこになったイタドリです。
このまま冷凍保存し、食べる時には塩抜きをします。


イタドリ塩漬け編終わり・・・です。

サビキのカネマン

4月16日の高知新港

JUGEMテーマ:海釣り/陸っぱり
 














変わり映えのしない写真ですが・・・昨日に引き続き曇天の夕方です。竿を出している人の数はざっと数えて20人ほどでした。
カタクチイワシが釣れているとの情報もありましたが、釣れているのはサバゴ。

サビキのカネマン

高知新港のサバゴ釣り

JUGEMテーマ:堤防釣り
 














4月15日、午後4時頃の高知新港です。
サバゴを釣っている人がボツボツいました。
一人で50〜100尾程度、サイズは7センチから、大きいもので10センチくらい。

サビキのカネマン

イタドリ(3)

前日、軽く塩をしたイタドリです。
しんなりとして色も少し変わりました。
こうなってからもう少し塩を足して重石をします。
水分が抜けると同時に酸味も抜けてきます。
生の状態でいきなり重い重石をするとイタドリが割れてしまうので、軽い塩でしんなりさせてから重石をのせ、徐々に重くしていきます。

イタドリに限らず山菜の塩漬けに使う塩は天然塩などニガリ成分の多い塩を使います。精製塩を使うときはニガリを混ぜて下さい。

1日ほどでずいぶん水が上がってきました。
長期保存するのでしたら水が上がらなくなるまでしっかり漬けます。
その後水気をしっかり切り、塩を軽くまぶしてビニールの袋やタッパーなどに入れて冷凍庫で保存します。1年くらいは保存できます。
食べる時は、一度水洗いして表面の塩を洗い流し、塩抜きをします。


下の写真は昨年漬けて冷凍保存していたものを塩抜きしているところです。

一度水洗いして真水にさらし、塩抜きします。
流水か何度も水を替えて完全に塩を抜きます。
肉厚の大きなものを選んで噛んでみて、酸味や塩味が全く無いことを確認してください。

塩抜きしたものはザルにあげ水切りします。
イタドリだけで煮ても良し。タケノコと一緒に煮含めたりしてもおいしいです。
ゴマ油を使って豚肉ともにキンピラ風にして、仕上げにゴマを振ったものも人気があります。
塩抜きして使い切れなかった残りは1週間くらいなら冷蔵庫で保存しても大丈夫でした。

サビキのカネマン

イタドリ(2)

 
買ってきました・・・高知県津野町産のイタドリです。この量で400円〜500円ほど。一本あたり10〜15円になるでしょうか。

皮を剥いたらアク抜きをします。アクというほどのものではなく、酸味を取る作業です。この状態で湯通しして水にさらす方法だと1日くらいで酸味が抜けてすぐに食べられますが、湯通しの加減など少しコツがいります。塩漬けして処理するのが一番簡単です。


全体にいきわたる程度に塩を振って、いったんビニール袋に入れておきます。
今日の作業はここまで。






イタドリの先5センチくらいは皮も葉も残したまま折り取り、さっと衣をくぐらせて天ぷらにします。
多少酸味が残っているのも良いですが、気になるときは少し時間をかけて揚げると酸味はなくなります。

サビキのカネマン

イタドリ(1)

 
桜の花が散り始めるのが合図のように、地中から顔を見せたかと思うとあっと言う間に、タケノコみたいにニョキニョキグングン伸びていきます。
ヨモギと同じくらい繁殖力が強く、どこにでも生えている雑草に近い植物ですから収穫は簡単で・・・と言いたいところですが、そう簡単には手に入らなくなりました。
春先の早朝、散歩がてらにポキポキ・・・イタドリを見るとつい手が伸びてしまう高知県民。芽が出るとすぐに取り尽くされてしまいます。市街に近いところではイタドリを見かけることはほとんどなくなってしまいました。
高知では量販店でも普通に販売しているイタドリ・・・他県ではあまり食べない食材らしいです。

収穫した茎の皮を剥き、さっと熱湯にくぐらせ一晩水にさらすと酸味が抜けます。
生のものを塩漬けして冷凍保存しておくと年中食べることができます。
新芽の天ぷら、煮物、炒め物が一般的な食べ方です。

タデ科の多年草。山野に自生。高さ約1.5メートル。茎にはかすかな紅色の斑点があり、葉は卵形で先がとがる。雌雄異株。夏、白色または淡紅色の小花が円錐状につく。若い茎は酸っぱいが、食べられる。根を漢方で虎杖根(こじょうこん)といい、利尿・通経薬とする。

サビキのカネマン

花曇の1日

 高知市堀川沿いの桜並木


暑くもなく寒くもなく風もなく・・・桜の花と春の空が一体になったような1日でした。
日に日につぼみが膨らんでゆく様を、仕事で通る道すがらに車窓から眺めていましたが、
今日は満開の桜・・・車から降りて堀川の浮き桟橋をのんびり散策してきました。

サビキのカネマン

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2011 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM