ボラ攻略失敗…

本日も行って来ました、種崎赤灯台。
新型フロート2本針。


こんな感じです。


浮いているボラに効くかと作ってみましたが、見事失敗。
なぜかバラシが多くなる。
フワフワと浮きあがり過ぎるのが原因か?
“やってみなけりゃわからない”
とお試ししたけど、大失敗…


さらなる試行を重ねます。

あ…肝心の釣果は10匹でした。
サビキのカネマン

Twitter始めました

日々つぶやいてみたいと思います。
ブツブツと…

サビキのカネマン@1091sabiki

今後ともよろしくお願いします
サビキのカネマン

黒潮町佐賀で遊ぶ

今日は皆さん朝からソワソワ。
四万十町窪川と黒潮町佐賀に所用があって、それに便乗して遊びに行くことになりました。

佐賀に着いてからは、
1仕事の人
2釣りする人
3素潜りする人
4磯遊びする子ども達
5その子守をする係
思い通りに、または渋々!?行動開始したようです。

釣りの人からの第一報

目の前に鹿島様、鹿島ヶ浦の岸壁に陣取った模様。




「ニロギがたまに…」とLINEで報告があったっきり。
帰り着いてからクーラーボックスをチェックして写真撮影。


お疲れ様でしたー!!


素潜りしていた人から

「食べれる?」と問い合わせがありましたが、それ以降はなしのつぶて。
海の中を悠々と泳いでいる魚をずっと眺めていたとか。


子ども達は
大はしゃぎであちこちと磯を歩き回って歓声をあげていたもよう。
かなりたくさんウニがいて大変だったらしいです。
子守していた人から新種発見!!の写真が届きました。
ん?これ新種?

ピンク色の小さなウミウシでした。
こんなキレイなウミウシ初めて見たんだよねえ、君たちは。

お昼ごはんもそこそこに磯遊びに夢中になって、子守係も大変で写真どころではなかったようです。
さあそろそろおやつを食べて帰り支度、と振り返れば、お弁当の残りやおやつまでもカラスのお腹に納まっていたというおまけ付き。

そんなこんなで大した写真も届かず、ブログの記事にはならないなあとひとりでぶつくさ言っていると、仕事がようやく終わった人から写真が届きました。

黒潮町佐賀 塩屋の浜の遠景

お仕事お疲れ様でした。

今日はひとりで留守番していたカネマン鯨が遠隔実況をお送りしました。
サビキのカネマン

今夜の夕食はヒラメとニロギ

今日も行って来ました、種崎赤灯台。



ボラが本命なので、これは外道なんですけど。

ヒラメ、38センチありました。
仕掛けはカネマンボラ皮サビキ1056を使用。

↓これもボラじゃないみたいですけど…

アジ針10号で


ヒラマサ針11号にも


ニロギが釣れているとの情報で、ニロギ大好きEくんが参戦。
でもすぐに雨が降りはじめ…とりあえず今夜のEくんのおかずになるくらいはゲットして帰って来ました 〜。

サビキのカネマン

もしもしカメよ

どういうわけか隣家の庭に出没したミシシッピアカミミガメ。



ひと月ほど前に一度見かけたものの、その時は捕獲失敗。
そのまま放置されていたのがやっとまた顔を出してきた。
とりあえず捕獲して、我が家の庭のオタマジャクシが入っていた衣装ケースの水槽に入れた。

100匹ほどいたオタマジャクシはほぼアマガエルとなって、毎夜庭で合唱している。水槽に残っていたオタマジャクシは20匹くらいか…翌朝には0匹に。

どうやら亀さんが召し上がった模様。
ものすごい食欲…。
サビキのカネマン

池で遊ぶ

「池でブラックバスを釣ろうよ」と電話連絡が入ったのが午後3時過ぎ。
で4時にはもう現地到着。


「ねえねえ、ブラックバスってどうやって釣るが?」
海釣り経験しかないチビッコ2人が、ぴったり張り付いて興味津々で見学です。
でも、残念ながらこの日はブラックバスは姿を現してはくれませんでした。

もう10年以上も行ってない。
道具も何も準備しようにもしようがない…
むりだよね〜いきなりとつぜん、無茶!
ルアー?ワーム?そんなのどこにあったっけ?
でもでも何かは持っていかないとと思って慌てて作った…
今日もゴミ箱の中ガサゴソ。


ボラ皮フサガケ

みんなに笑われながら…
「けんどー、やってみんとわからんろー」


昨日に引き続き本日もボウズ〜。
まったく準備無しで行っているので、結果に文句はありません。


Yくん、本日はいきなりとつぜんのお誘いありがとうございます。
自然の中を散策するだけでずいぶんとストレス解消になりました。

大人はもちろん、小さい子どもでも、それぞれに溜まっているものがあったりします。
そういうものが知らず知らずのうちにふわ〜と消えていくのがわかります。
身の回りの小さな自然でも効果は充分。

少し湿った草地を踏みしめる感触は、毎日歩くアスファルトの通学路や堤防のコンクリートとは全然違う気持ち良さです。



高知県立池公園
近隣には高知県立大学、高知医療センターがある。
公園では毎週土曜日の午前中にオーガニックマーケットが開かれています。
サビキのカネマン

いきものがかり

昨年の夏に我が家にやってきたカブトムシが産卵したので育ててみることに。



幼虫はたくさん生まれたのですが、最終的にはたったの一匹だけになってしまいました。

なんとか無事成虫になってくれてホッとしています。
ピッカピカの立派なツノのカブトムシ。


さてお次は…

昨年の夏にもらってきたオオクワガタのつがいが無事冬越ししました。





今年の夏は繁殖しなくてはいけないらしいです…


サビキのカネマン

釣れた!?

おおっ!!

お父さん!!釣れた??



今日はタコ狙いでやってきた種崎赤灯台。

おっ!!

うーん…

ガッカリ根がっかり…残念でした。

しばらく地球と綱引きしていましたが、
ライン切れであっさり終了。

サビキのカネマン

ボラ攻略仕掛け改良

21日のボラ釣り仕掛けをもうひと工夫。

通常のカネマン特製ボラ皮サビキ仕掛けでは、下の写真のようにボラ皮を釣針にかぶせハリスで巻き込み一体化したものを使います。


種崎の赤灯台で水面間際に浮き上がっているボラの攻略仕掛けは、刺しという手法を使うことにしました。

上の写真のように三角に切ったボラ皮を釣針に刺すだけです。
要は手抜です。
いやいや、これはこれで、ボラ皮が良い動きをします。

ボラ皮は作業場のゴミ箱をあさって、使えそうなものを拾ってきました。

とは言っても釣れないと困るので一応テスト。

ゴミ箱から拾ってきたボラ皮を浸水して具合を見ます。

ちょうど良い具合になりました。
生シラスのような透明感と色味、感触も良い感じです。
味だけはどうにも再現できませんが。

で、肝心の仕掛け。

高知での一般的なサビキ仕掛けは、一番下のところに餌を入れるアンドンカゴや仕掛けを沈めるためにオモリを付けたりしますが、今回は浮いているボラの攻略なので、ちょっと様子が違います。

それにしても…

何やらヘンテコな仕上がりです。

飛ばしウキで餌カゴをサンドイッチ?

枝針を付けるチチワの間にも何やらウキらしきモノが…

仕掛けが海面で漂うらしいです…
こんなので釣れるのでしょうかね?

海面吹き流し!?
超ミニ延縄!?
フロートサビキ!?

心配をよそに元気に出かけたスタッフS。

30分後送られてきた画像がこちら↓

実釣時間はおおよそ1時間半。
4匹の釣果です。


釣れることはわかりましたが、たくさん釣れるということの証明にはなっていません。
今日はボラの姿が少なかった…次回乞うご期待。
サビキのカネマン

チビッコとおチビちゃん

今日は釣竿ではなくて、虫取り網(!?)を提げて赤灯に行ったチビッコ2人の収穫です。

楊枝のようなヨウジウオ

「グレのおチビちゃん」とお父さんは言うけれど、「僕はスズメダイのなかまのような気がする」と譲らない小2のEくん。


写真は撮れてないのですが、堤防の壁面に付いたカメノテを見つけたり、ヤドカリやカニとたわむれて帰ってきました。

持って帰りたい気持ちを抑えて、ヨウジウオも小さい魚もちゃんとリリースして帰ってきました。

メダカ、カブトムシ、オオクワガタ、オタマジャクシ、カエル、イモムシ、コガネムシ、バッタにカマキリ、カタツムリ…飼育ケースがいくらあっても足りません。
サビキのカネマン

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2015 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM