良いお年を

多忙につきブログの更新がままなりません。
悪あがきの更新は諦めることにしました。(^_^;)




2016年には大勢の方にブログを読んでいただきました。

本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。




良いお年をお迎えください。



2016年12月28日

カネマン鯨 他一同
m(_ _)m

サビキのカネマン

ギンユゴイ(Eくん的新種)

昨日セグロチョウチョウウオは即座に答えたEくんが図鑑を引っ張り出してきてパラパラめくり始めました。

発泡スチロールの箱の中で俊敏に動き回る銀色の1匹が妙に気になるようです。


尾鰭の模様が綺麗ですね。

これなら《魚みっけ》のアプリでも検索可能かもしれません。

という事で、一生懸命図鑑を見ているEくんに隠れてズル。(^_^;)


あった!

10番目・・・このアプリは便利だけれど、候補として出てくる魚にいつも???となります。
上位にヒブダイとか・・・どうなっているんでしょうね。(笑)

いやまあそれでも結構楽しんで使ってますが。




ずっと集中して図鑑をめくっているEくんの横で写真を撮ります。

まあ元気!

水から出すとピチピチ跳ねてそこらじゅうビショビショ・・・。

小さいくせに、これまで写真を撮った魚の中でいちばん跳ねてくれる。(^_^;)




ん?

何かが刺さる感じがする。

突き刺さると言うほどではないけれど何だろう?

まさか毒が!?

知らない魚というのはその辺りが未知なので、もっと用心しなければならないのだけれど時すでに遅し。(ーー;)

急いでアプリで見つけたギンユゴイの情報をざっと読む。

何も書いてない。

なら大丈夫かな。

初心忘るべからず・・・また忘れてました。(>_<)





全長11.5cm(12/22、高知新港離岸堤付近で採取)











どこが刺さるんだろう?


これ?


水の中で掴もうとするとエラを膨らませて攻撃してくる!?

他に突起は見当たらないので刺さる感じがあるのは多分エラの形状のせいだと思います。

刺さるという表現はちょっと大げさですかね。

『引っかかる』位です。(^_^;)




さて、
Eくん、なんていう魚か分かった?

「まだ〜!」

これじゃない?

と言ってさっきのアプリの結果を見せると、

「あ〜!これや〜!」

「ギンユゴイか〜!」

「絶対これやね、尾鰭の模様が同じや!」

その後索引でギンユゴイを探し、図鑑の写真も確認。

「さっき、あと2ページめくったら 見つかっちょったに。惜しい!」


上段右、スズキ目ユゴイ科ユゴイ属ギンユゴイ
体には暗色斑がない。 尾鰭の中央に1黒帯、上葉と下葉にそれぞれ斜めの2黒色帯があることが重要な特徴である。
体長30cmに達する。 (日本産魚類大図鑑より)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

セグロチョウチョウウオ(Eくん的新種)

12月22日夜のおとーさんの戦利品はチョウチョウウオの仲間ともう1匹。

まずはこちらから。


全長8cm

チョウチョウウオの仲間は本当に綺麗ですね。(^^)




名前はEくんが即答で、

「セグロチョウチョウウオやろ〜!」

そうなが?

チョウチョウウオの仲間とはわかっても名前まではすぐに出てこない大人達。

参りました・・・(^_^;)

尻ビレあたりに傷がありましたが割合元気なので、顔写真だけ撮らせてね!



生きているからかヒレも綺麗に開いてくれたので、あちこち触らずに撮影後すぐにリリースしてきました。




そういえば、11月に加領郷漁港でおとーさんが【チョウチョウウオ】を釣っていました。


普通のチョウチョウウオはナミチョウと呼んだりもするようです

こちらの方は全長が16cmほどあったので試しに刺身にしたのですが、チョートロのトロットロでした。



ツイッターにアップすると・・・


焼くと火柱が上がる!?(^_^;)




セグロチョウチョウウオの身はどうなのか?

少し興味がありましたが、何せ小さいので今回はパスしました。




何度聞いても名前を覚えない私に呆れたようで、Rくんがメモをくれました。


これでもう大丈夫!バッチリです!?(笑)

どうもありがとう〜!


次回のブログではもう1匹のお魚を紹介したいと思います。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

アユカケ(Eくん的新種)



12月19日の夜に海でおとーさんが捕まえた1匹。

水面を照らすライトの灯に寄ってきたところを網ですくったそうです。

フグかと思ったら妙に違う。

ドンコが海に流されて来た?

それにしてはあまりに元気。

なんだこれ?

ということで持って帰って来ました。

以前なら目的の魚じゃなかったらポイポイ海に返していたおとーさですが、最近はEくんの影響か(?)名前が分からない魚への興味がちょっと出てきたみたい。

Eくん効果!(笑)






みんなで覗き込んで、

コチ?

ハゼ?

何これ?

Eくんも図鑑を引っ張り出して調べました。

「やっぱりドンコやないが?」

なかなかこれだ!というのが出てこない。

で、

「あぁ〜!もうわからん!探しちょって!」

と丸投げでゲームを始めました。

ちょっと〜!Eくん!?(^_^;)




結局ツイッターで皆さんに助けていただく。



写真をアップするとすぐさま「アユカケ」と何人もの方が教えてくれました。




皆さんよくご存知!
わからなかったの、もしかしてウチだけ?(^_^;)




アユカケらしいで。

「アユカケ〜!?」

「アユカケって川におるがやないが?」

産卵は海でするがやって〜。

「そうながや〜」

「釣りキチ三平で読んだでねえ」

なんだ・・・みんな知っちゅうやん。

頭しっかり働かせて思い出して下さい!!

まったく・・・。

「イヤまさか海におるとは・・・」

さっき言いよったドンコやって川におるでね!?

「まあそうや・・・」




という事でウチに釣りキチ三平のDVDはあります・・・

Eくんが読んだという本もどこかにあるはず・・・

あぁ〜、探すの面倒。Webで。(笑)

あったけど、24分かぁ・・・

釣りキチ三平第029話、暇な時に観てみましょうかね。(^_^;)



産卵期に海に降りてくるということなので、さっさと写真を撮って海に帰すことにいたしましょう。

























最後に尾鰭を撮ろうとしたのですが、動き回ってヒレを開くのが難しく・・・諦めました。(^_^;)




美味しいそうです。滋養もあるそうです。
が、最近は数が少なくなっているとか。

高知の釣りキチさん達、過去には鉄砲で突いて食べたとかルアーで釣って遊んだとか話していました。

身近な魚だったんですね。

高知では『アユ(鮎)』の事を『アイ』と呼ぶ事もあります。その影響かアユカケの事を『アイキリ』と呼ぶ地域もあるようですね。




図鑑で調べるとアユカケ(カマキリ)と書いてあるものを見かけました。

WEB魚図鑑では【カマキリ】と表記されていました。

謎!(^_^;)




という事で、

何も知らなかった私は実物も見ることが出来たし!

いろいろと勉強させていただきました。

ご教授ありがとうございました。m(_ _)m


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

クリスマスがやって来る!


Rくんの作品

もうすぐクリスマス!(^^)v

Rくんはいろいろと欲しいものがありまして・・・。

一番欲しいのは兄のEくんが誕生日プレゼントでもらった任天堂3DS!

が、ウチのサンタさんはゲーム機の類は持ってきてくれないことになっているので諦めるしかないのです。

Eくんは小3の誕生日にゲットしました。12月生まれです。

小3の誕生日にプレゼントしてもらえるとしたら・・・Rくんは5月生まれやき、半年以上はお得期間があるきね


頑張って待ちましょう。(笑)




で、

Rくん、何をお願いしたが?

聞き出しておかないと大変です。(笑)

「え〜とね!釣り竿!」

「アカメの釣れる竿!」

ほう!

どれくらいの大きさのアカメが釣りたいが?

一応詳しく聞いておきます。(笑)

「これぱぁ〜!」

ふむふむ30〜40cmか。

サンタさん、持ってきてくれるろうかねえ?

その後、他にもいろいろとお願いしたいものが出てきましたが、

「もう竿って頼んじゅうき変えれんが!」

そうなが?(^_^;)

ということで、Rくんはサンタさんに釣り竿をお願いしています。

ウチのサンタさんは金欠やに大丈夫やろうか?

「えっ?サンタさんはなんでも自分で作るき大丈夫で!」


えっ!?ハンドメイドの竿!?




さて、Eくん。

Eくんは?


「自転車はお年玉で買うてもらう約束になっちゅうし」

「そんなに欲しいものはないがよね〜」

ふ〜ん、そうなが?

・・・去年もそんな感じやった気がする。(^_^;)

釣れた魚は相手構わずもらいたくてたまらん人やに、こういうところは欲がない!?

この前 「LaQのパーツの数が足りんきそれ!」とか話しよったけど、





ここのところLaQはお休みなので(といってもひと月足らず)、すっかり抜けちゅう。(笑)

さあどうする?

今から何か頼んでも間に合わんかもしれんで!?

「大丈夫!頼んでなくてもちゃんと持ってきてくれるき!」

そうなが?(^_^;)


先日チラッとツイッターで見かけた本が気になっちょったみたいですが・・・


「これ欲しい〜!どこで買えるが?」

サンタさん、この本お願いしても大丈夫です?(^_^;)

出来れば私も読んでみたいです。(笑)

45360円か・・・

サンタさんには無理でもEくんは自分の貯金で買えそうやね。(^_^;)



クリスマスはクルシミマス・・・

お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

満月の夜の花海道

月夜に投げサビキはどうなのか?


事の発端は満月の夜のこのツイート


いつもお世話になっている魚神さんのツイートです

えっ!アジに月は天敵!?

読み返すと、

「アジングには天敵」

そうか〜!

じゃあ投げサビキだったらどうなの?

この夜、アジを狙って花海道に釣行中の3人に釣果はあるのか?

場所はいつもの高知市花海道。

この時期夜の遠投サビキ釣りで良型のアジが狙える好ポイントです。




月夜どころか満月!

何も考えずに釣行し、ぽっかり出てきた満月。

「ああ、もう今日はいかんわ」

と諦めムードが約1名。(笑)

それでも後の2人は頑張ってブン投げていたようです。

ブン投げて過ぎて、ウキまですっ飛ばした人もいたらしい。(^_^;)

まあ、頑張って投げてて下さい。

成果、待ってますから〜!(^^)/




さて、

投げサビキと月夜の関係・・・どうなの?

昨シーズンの釣行データを引っ張り出してみました。

が、振り返ってみたところ昨シーズンはアジがあまり釣れてない・・・。

なのであまり参考にはならないような気もしますが、せっかく引っ張り出してきたので一応。



日付は釣行日です。



1015/11/12
大潮 月出06:40月入17:40月齢0.3【花海道の投げサビキ
釣果はスズキ5匹、ヘダイ3匹。



2015/11/15
中潮 月出09:22月入20:02月齢3.3【サビキでシーバス!!
釣果はスズキ3匹、ヘダイ1匹。



2015/11/20
小潮 月出13:09月入-----月齢8.3【3度目の花海道投げサビキ
釣果はボラ3匹、ヘダイ3匹、スズキ3匹、アジ4匹。



2015/11/24
中潮 月出15:55月入04:23月齢12.5【みんな浜から投げサビキ
釣果はスズキ1匹。



2015/11/29
中潮 月出20:22月入09:37月齢17.3【またいかなあいかん
釣果はボラ1匹、ヘダイ1匹、アジ2匹。



2015/12/05
小潮 月出00:58 月入13:20月齢23.3 【海へ山へプールへ
釣果はボラ2匹、スズキ1匹、アジ1匹。


昨年は以上6回の釣行ですね。

昨年の冬は種崎カーブのアジも今ひとつでしたが、それと関わりがあるのかないのかアジはあまり釣れませんでした。


同行者はスズキを狙っていたのですが、一緒に行ったおとーさんは狙いのアジをバラしてばかりでしたね・・・おとーさんは浜からの遠投サビキ釣りはどうも苦手らしいということがはっきりしたのが昨年の釣行の成果といえば成果。(笑)




そして2016年。

実は今年は全く行けてないので花海道の夜釣りデータは2日分しか有りません。(^_^;)





2016/12/10
中潮 月出14:12月入02:13月齢10.6【お誕生日は魚尽くし
アジ12匹、サバ1匹。



2016/12/14
大潮 月出17:31月入06:45月齢14.6【満月の夜の花海道】
さて、今宵の釣果はいかがでしたか?

なんと!

ボウズ!?

ん?ボウズじゃない!?

「フグ1匹〜!」(^_^;)

お疲れ様でした〜!




この時期だけ、そして年に数回の釣行データでは 充分ではありませんが、こうしたデータの蓄積が今後の釣行の役に立つかもしれません。




月夜だろうが闇夜だろうが行ける時には出かけて行ってデータを蓄積するというのも釣りのひとつの楽しみ方ですね。

えっ!?

そんなの常識?

手駒は明かさないのが当たり前?

そんなことをおっしゃらずにいろいろとご教授していただけると幸いです。


スーパームーンの明るい月夜でも魚が釣れる秘策、どこかに落ちてないかなあ?(笑)

ちなみに次のスーパームーンは2018年1月1日だそうですよ。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ヒラスズキ

昨夜のおかず釣りの釣果、まずはヒラスズキ〜!(^^)v






Eくんの生き物図鑑にはまだヒラスズキの写真がなかったので、ありがたく頂戴いたしました。


















早速今夜お刺身にて頂きます。

ありがとうございました。m(_ _)m


で、他には?


えっ?これだけ?

あら・・・残念でしたね。(^_^;)

この方、数日前にもアジを1匹だけ釣っていました。
それもありがたく頂戴しお刺身にて賞味。ごちそうさまでした。

尺はあったのに写真を撮るのを忘れていました・・・。



魚ね、もうちょっとたくさんあってもぜ〜んぜん迷惑じゃありませんから〜。(笑)

またよろしくね!(^^)/


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ゴマサバ

12月9日に高知新港で釣れたサバ。


37.5cmと35cm(釣り人:れんとくん)


絶対ゴマサバやと思います

が、問題勃発!(^_^;)


第一背鰭の棘数が10本

通常ゴマサバは11〜12本、マサバは9〜10本とされる。

数え直しとうてもサバはもう胃の中やし。(笑)

WEB魚図鑑でゴマサバの写真を何枚か見てみると、明らかにはっきり11本の棘が確認出来るのもあれば、私には10までしか数えられないものも。

この前もアマギの棘を見落としていたし・・・いよいよ自信がなくなる。(>_<)





君、誰!?

















安易に判断した為に背鰭の棘数に疑問符が付くゴマサバでした。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ニセカンランハギ(Eくん的新種)



全長13.5cm(12月9日撮影)
先日から悩みの種だったクロハギ属の個体はニセカンランハギでした。

詳細はこちらで

クロハギ属(未同定)2016/12/14




各部分の写真は↑先日の記事に載せました。

なんとなく違うのはわかってもどこが決め手になるのかわからないので、何度も冷蔵蔵へ入れたり出したりで写真もたくさん撮りました。
最終的には冷凍保存です。(^_^;)




で、はっきりと違う種だと分かる部分はどこ?

昨日のブログにも書きましたがおさらいです。(^_^;)




《ニセカンランハギ》
尾柄部の棘は白い。
横縞は黄色味が強い。


《クロハギ》
尾柄部の棘が黒い。
尾柄部の横縞が白っぽい


《オスジクロハギ》
胸鰭が黒い。
尾柄部の棘も黒い。





上がニセカンランハギ
下がクロハギ

オスジクロハギについてはWEB魚図鑑から写真をお借りしました。


出典:WEBhttp://zukan.com/fish/internal3933
これによれば、オスジクロハギの分布は屋久島、琉球列島、小笠原諸島。〜インド-太平洋。ハワイ諸島となっています。

今のところ高知で釣れる事はほぼないにしても、今後分布域が北上する可能性については0ではないですね。




せっかく冷凍保存までしていたので同定を記念してまた写真を撮影しました。(^_^;)


ニセカンランハギの棘部分


こちらの棘はクロハギのものです


これにて同定終了〜!

そういえば、Eくんは初めて見た時からニセカンランハギと言ってましたね。

いつの間にか我が家のお魚博士になりました。
ただし、自分が釣った魚以外は適当に答える博士です。(笑)



今回の同定にはWEB魚図鑑のN氏に大変お世話になりました。
ありがとうございました。m(_ _)m

そして、ツイッター上でMS氏からもニセカンランハギだと教えていただきました。
もちろんフォローさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

クロハギ

12月9日(金)高知新港でサビキ釣りで釣れた個体です。
釣ったのはおとーさんorれんとくん。どちらだったのかははっきりしません。(^_^;)

クロハギそのものは過去にも釣れています。ブログに載せているのは12月、ちょうど今頃。
Eくん小1の冬ですね。
釣行記【お魚釣りたいPart2(2014/12/1)





これはいちばん大きい個体で全長16.5cm





















小型のクロハギ属は釣れても外道、その場で即リリースする事が多いので、クロハギ・ニセカンランハギ・オスジクロハギのなどの良く似た種は全部クロハギで片付けていた可能性もありますね。

簡単な見分けのポイントとして以下の事を頭に入れておきたいと思うのですが・・・。

《クロハギ》
尾柄部の棘が黒い。
尾柄部の横縞が白っぽい


《ニセカンランハギ》
尾柄部の棘は白い。
横縞は黄色味が強い。


《オスジクロハギ》
胸鰭が黒い。
尾柄部の棘も黒い。


「尾柄部」の読み方は「びへいぶ」

Wikipediaで魚類用語を見る


(Wikipediaより)

説明を文字で読むとさらに辞書引きしないとわからない言葉が出てきます。(^_^;)

インターネットを利用すれば大概の事は専門書並みにわかる時代になりました。
便利ですし、知りたい事が手に取るようにわかるというのは嬉しい事です。
ここまで必要!?と思う事もありますが、そこまでわかっても結局は個々の力量や判断力がものをいいます。

重要なのは学力と経験値! そして、学力とは学歴ではありません。
これをね、高卒の私が言っても説得力がないんですけどね。(笑)




脱線しました・・・魚類用語の話でした。(^_^;)

これをいちいちノートに写していけば多少は記憶にインプットされますが、読んだだけでは右から左です。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/魚類用語

学生の時ならそのための時間がたっぷりあるわけです。

実にうらやましい・・・。





ありゃ、また脱線しゆうね。(^_^;)




魚の話に戻ります。

本日の主役は《スズキ目ニザダイ科クロハギ属クロハギ》です。

体長は50cmにもなる大型の魚だそうです。

この辺りではそこまで大きいクロハギは見た事がありません。



お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM