ちびっ子のサバ南蛮漬け

5月21日(日)にちびっ子が釣ったサバのちびっ子。



どこに魚が付いているのか・・・見えないくらい小さいです。(笑)

フグがエサを突っつく感じに似てなかなか食わせられないRくんでしたがようやく1匹。(^^)v




この日は数は少なかったのですが、エサを付けた釣り針を落とすと、それを追いかけてくるサバの様子が面白くて退屈はしませんでした。


この日のちびっ子達の釣果はアカオビシマハゼ1、ヨコスジイシモチ2とサバゴ。





家に戻って数えると20匹いました

小さいですけどね、子ども達が食べるには骨も気にならずちょうど良いサイズ。




漬け汁の分量が多すぎて魚が泳いでいますが。(笑)


サバゴの南蛮漬け


小さくても自分で釣った魚は美味しいね!(^^)v


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ヨコスジイシモチ



5月21日(日)、Eくんの釣果。


スズキ目テンジクダイ科カクレテンジクダイ属ヨコスジイシモチ(全長16cm)




大人達がボラを釣っているのとは反対側で ハイカラ針にオキアミを付けて足元に落とすと直ぐに反応がありました。



あちこち釣りに行った先でよく釣れて楽しませてくれるヨコスジイシモチです。





ヨコスジイシモチは《模様はタテに入っているのになぜにヨコスジって言うんだろう?》そういう疑問を持つきっかけになった魚でもあります。


頭を上に

これがキミの正しい姿勢ですね。(笑)



お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング

サビキのカネマン

アカオビシマハゼ

JUGEMテーマ:魚釣り


5月21日(日)にRくんが釣ったカワイイ1匹。

中州でコノシロを釣っていた時にサビキ仕掛けにくっついてきました。(^^)v

ん〜?ハゼっぽい?

小さいし黒いし肉眼では全く識別不可能。(^_^;)


全長7cm

家に持ち帰って明るめに写真を撮ったのが上のもの。

やっぱりハゼみたい。

が、ハゼの同定は到底無理。

早速ツイッターで皆さんのお力を貸していただくことにしました。


これは横向きというのか正面というのか・・・

すぐにアカオビシマハゼでしょうという答えをいただきました。

似ている種にシモフリシマハゼがいること。

シモフリシマハゼは高知には棲息していないこと。

チチブによく似ている。

臀鰭と胸鰭が識別のポイントであることなど詳細に教えていただいたので、その辺りを気にかけながら写真を撮り直しました。
おそらくどんなに図鑑とにらめっこしても自分では同定は出来なかったと思います。

本当にありがとうございました。




WEB魚図鑑で特徴を再確認。

特徴:体長8cm。頭部腹面に白色点がないこと、臀鰭に2本の赤色縦線があること、および胸鰭の最上軟条が遊離することから外見上シモフリシマハゼと区別することができる。
(引用:WEB魚図鑑アカオビシマハゼ)


頭部腹面に白色点がないこと


臀鰭に2本の赤色縦線があること


胸鰭の最上軟条が遊離すること


背鰭


尾鰭


腹鰭


腹鰭は下側でくっ付いて吸盤状に見えます。


頭部




以上の写真は見やすいように少し明るめにしていますが、肉眼で実際に見た個体はかなり黒っぽい色をしていました。


体色にはかなりの個体差があるようです。

スズキ目ハゼ科チチブ属アカオビシマハゼ

チチブに似ているはずですね、チチブ属でした。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング

 

サビキのカネマン

Eくんのマイブーム

JUGEMテーマ:日常

 

 

「ジャマイカって知っちゅう?」


ここがジャマイカ

「違う〜!」

いや、違わん。

ここがジャマイカ!







「こんな形の中にサイコロが入っちょって、手でコロコロして計算するが」

へ〜!?

Eくんの説明によれば、黒いサイコロと白いサイコロがあって、白いサイコロの出た目の数を計算して答えが黒いサイコロの数字?

???(^_^;)

よく分からないのでWEBで検索。


あった!

「これこれ!今学校でやりゆうがよ」

ほう。




早速購入〜!



黒いサイコロが20+6やき答が26になるように計算するが」

「白いサイコロの数は足しても引いても掛けても割ってもかまん」

「けんど数字は一回しか使えんがで」

なるほど〜。

分かった!

6×3で18

18−5は13

13×2で26


26!出来た!(^^)v

「それやと5が1個残るろう?」

「数字は全部使うが」

そうかぁ・・・(^_^;)

ほんならねえ・・・

(5+5+6−3)×2=26や!

「正解!」

「他にも式が出来るかもしれんで」

「たまになんぼ考えても答えがない時もあるけど〜」

そうなが?










ジャマイカゲーム(YouTube)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング

サビキのカネマン

作るの大好きRくん

JUGEMテーマ:日常

 

 



ツールボックスは誕生日のプレゼント




で、

木工用の道具と材料を手に入れたRくんが一番最初に作ったものは・・・




じゃ〜ん!!


杖!!


ちょっとね・・・大丈夫かな!?(笑)



腰痛持ちの私のために一生懸命作ってくれました。

丸い棒に釘を打つのはなかなか大変だったと思います。

少々短くてさらに腰が痛くなるような歩き方になってしまうのは内緒です。(笑)




「次は何を作ろうかな〜?」(R)


2作目は表札

大好きなバキューンや剣じゃなくて結構実用的な物を作ったので周りがびっくり。(笑)




結構いい感じにまっすぐ切れてます




小さい時から物を作るのが好きで脱サラをして家具職人になったおじさんが時々家にやってきます。


木工房 創舎

ということで、

工作用の端材はここに行けば手に入るので、これからもいろいろと作ってくれることでしょう。

夏休みの工作が楽しみです。(^^)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング

サビキのカネマン

5月後半のボラ釣り

JUGEMテーマ:釣り全般

2週で計4回の釣行のまとめメモ




5月20(土)
納竿間際に良い感じの雰囲気になってきたが時間切れ。

明日は良いかもしれないという予感と期待でボウズでもニコニコのKちゃん。




5月21日(日)
予想通り!?

たまたま!?(笑)


今日はエイで〜!(^^)/


援軍!?


「釣れたで〜!」(^^)v

準備していた仕掛けはみんなに貸し出し、ほぼお世話係となったKちゃん。(^_^;)(^_^;)


玉網係

コノシロやサバゴも釣れて賑やかで楽しい釣行になりました。



最終的にボラは25匹以上の釣果で終了。(^^)v



5月27日(土)
1週間も間があくと状況は変わります


天気は上々〜!

が、

風が出てきて厳しい雰囲気に。

ヒラマサ針にコノシロ

ボラはダメでもコノシロはそこそこ釣れます






「またバレた?」(笑)



「サバゴが入れ食いにならん・・・」



ボラは3匹に終わる。






5月28日(日)
渋い状況でしたが、大小合わせてなんとか6匹。

この方の今日のターゲットは?



クーラーにかなりの数のコノシロが入ってました。

骨切りをしてフライにすると美味しいそうですよ。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング

サビキのカネマン

カツオ


サバ科カツオ属カツオ(全長:59cm)

カツオといえばお腹に縞模様があるのが特徴ですが、興奮状態のカツオには横縞が出るそうです。





横縞のあるカツオ・・・1度くらいは実物を見てみたいですね〜。

釣れてすぐにしか見られない横縞。

横縞は命尽きたカツオからほどなく消え、見慣れた縦縞が現れてくる。

昔はかなり沿岸でもカツオが釣れていたらしいのですが、今は相当沖まで出ないと無理・・・叶わぬ夢です。(^_^;)

が!

昨年9月に高知市中心部の堀川でカツオの姿が確認されたという新聞記事をご記憶の方も多いとは思います。
高知市堀川の魚はパニックの「カツオ」 高知大名誉教授が確認
(高知新聞)




そういえば・・・かなり昔の話になりますが、1982年の東京で、隅田川まで遡上していた大量のサンマの事を思い出しました。



隅田川にサンマ! VS 堀川にカツオ!




はたしてどっちがよりレア!?

こういう稀な出来事に期待しても、運良くその場にいるとは思えないので、やはり横縞のカツオに出会える事はおそらく無いでしょう。(^_^;)





さて、

下の表は高知の人がどれほどカツオ好きかがわかるデータです。



総務省統計局の家計調査(平成26年〜28年平均)

全国平均が1614円、2位の福島は4040円で、高知はその2倍以上の8820円をカツオを食べるために支出してダントツの1位。(^_^;)





そして、

こんなHPも見つけました。

土佐かつおうんちく辞典

高知のかつお愛をもっともっと高めるために作られた、「高知人の高知人による高知人のための」ウンチク辞典。




最期に、

高知のカツオといえば明神水産、佐賀明神丸の鰹一本釣りが有名です。

明神水産株式会社HP

ちなみに、現在おとーさんが研修で乗っている船は19トン、明神水産と全く関係はありません。






カツオのタタキ

春の初鰹はウチで藁焼きしたぬくぬくが最高。(^^)v


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

土佐のカツオ漁業史

昨日は「愛媛の愛南町で水揚げした」とおとーさんからちびっ子達へと写真が届きました。



たった1枚だけ!?(^_^;)


愛媛県南宇和郡愛南町深浦漁協前

近海で操業する一本釣りの漁船が並んでいます。




この夕闇迫る漁港の写真を見ているうちに思い出した一冊の本。

ずっと積ん読でしたが、今日は引っ張り出してきました。


(中土佐町:平成13年発行)


巻頭には一本釣りの様子を描いた古い絵図も紹介されています。


日付は明治25年霜月上旬





他にも興味深い資料がたくさんあるので紹介したいところですが・・・



「面白そう〜!」と手に取ったMちゃん が本を戻してくれそうにないので今日はここまで。(^_^;)


まさかおとーさんがカツオの一本釣りに従事するとは想像すらしていない10年以上も前に頂いた本です。





総務省統計局の家計調査ランキング(平成26年〜28年)でダントツのカツオ消費量日本一の高知市からお届けしました〜。(笑)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ただいま修行中

突然カツオの一本釣りの漁船に乗り組むことになったおとーさんのその後です。

どこまで行くのか?

休みはあるのか?

どの程度頻度で家に戻れるのか?

詳細はほとんどないわからないまま飛び出して行ったのが4月18日。

一本釣りの研修!?





船に乗り始めておよそひと月が過ぎました。

このひと月でわかったことは、

《いつ戻れるのか全くわからないということ》(^_^;)

「今日は帰れそうなき〜」と連絡が来るのが暗くなってからで、実際帰宅するのは日付が変わってから。

で、翌日には船に戻る・・・。

朝、ちびっ子達はおとーさんの寝顔を見てから学校へ。

「おとーさん帰ってきちゅうねえ」と言いながら朝ご飯を食べ、夕食の時には「おとーさん、もう行ったが?」という話。





帰ってきたのは4/28、5/6、5/12、5/17で 月平均4日の休み!?

毎日どこかの港に水揚げをしているので、至急の場合はそこで船を降りて休みを貰えば帰ることも出来るらしい。

ということは、距離的にはそれほど遠くではない。

行き先が大正なんとかとか何処やらのブイとか言われても・・・マップで探しても見つかりませんから。(^_^;)





船酔いなんかした事がないおとーさんが「鳥山を探すように言われて高い場所で双眼鏡を覗きよったら気持ちが悪うなった」

"最初は見習い、竿握れるのはずっと先"のはずが「その日のうちにいきなり釣れと言われたき」

「大抵のモンが船に慣れるまでの最初のひと月で結構痩せるに、おまんは全然痩せんの〜」と皆に笑われた話。

時間ができれば、ちびっ子達に失敗話や自慢話がたくさん出来そうです。




「いちいちタモらあ使えん」とボラは大抵ごぼう抜きであげるおとーさんですから、1本釣りは向いているかもしれません。

「そんなもん比じゃないで」

「釣れるのはカツオだけじゃのうて、メジカとかスマとかビンタもおるし、10キロ20キロという大物が喰ってくるき!」

それもやっぱり抜き上げるが?

「そうよ、大変ながやき!」

大変な割には楽しそうに話しゆうでね。(笑)





5月20日、今日も帰ってきましたが、昨日の段階では深夜に戻る予定が大幅に遅れて07:00帰宅。

10:00からの健康診断を受けに出てそのまま買い物へ。



戻って食事してちょこっと昼寝してそろそろ出発です。

今日は15:00に港に集合の予定とか。

休みと言っても自宅で過ごせる時間はないに等しく、アカメを釣りに行ける余裕は当分は確保できなさそう。


という事で・・・

おとーさん、ただいま修行中です。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

3匹で終了

久しぶりに赤灯台へ出掛けたKちゃん。

ウキ下を長めにして底近くで釣れた!(^^)v


幸先良くまずは1匹め





その頃中州では・・・


わかばさん、今年2匹目のアカメですね






おとーさんが全くアカメ釣りに行けてないのですが、そこはアカメを狙い始めて2年目のピロシキくんが孤軍奮闘しています。

まだ成果には結びついていないそうですが、良い感触はあったらしいので今後に期待したいと思います。




さて、赤灯台にいたKちゃんですが、

お昼前に「中州でもボラが見えゆう」と連絡をもらいました。

どうする?

移動する?

「う〜ん・・・」

見えよっても釣れるかどうかわからんのが中州のボラやきねぇ。(笑)




その後連絡が途絶えて、






夕方になってKちゃんが帰ってきました。

どうやった〜?

「今日は3匹〜!」

「午前中に赤灯台で2匹と午後から中州で1匹〜!」

あらら・・・お疲れ様。(^_^;)

「コノシロはまあまあ釣れよったで〜」




ピロくん、エサの確保はバッチリやね!


コノシロ: アカメ用の生き餌

たくさん釣れていたので我が家の食糧用に横取りしてきました。(笑)


数日かけてままかり風(酢漬け)にしたあと握りに。



皮を剥いで作ったので見た目がイマイチですが。(^_^;)




5月14日(日)、Kちゃんの成果はボラ3匹。

先週は市場からの入荷があったので当分釣れなくてもなんとかなるでしょう。(^_^;)

気長に頑張って下さい。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM