今頃になって冬休みの日記(^_^;)

ちびっ子たちが冬休みの某日、お手紙とともに荷物が届きました。



本当にそうですよね。

楽しい時間はあっという間。




いただいたお手紙を読みながら、

「え〜っ、冬休みも宿題あるにね」(E)

「もうだいたい終わっちゅうけどね〜!」(R)

そうね、昔と違って今は冬休みも宿題があるねえ。

「昔はなかったが?」

なかったねえ、昔は冬休みにはお家の手伝いをいっぱいせんといかんかったきね。

「そうなが?」

そうながよ。

しばしおしゃべりしながら一緒に届いたお菓子を美味しくいただきました。(^^)




白いブラックサンダー

これはひょっとすると地域限定品かもしれないですね。




同じ日、またまたちびっ子たちにプレゼントが届きました。


カップ麺!?



どうやらブログを読んでくださったみたいです。

「子供達はカップ焼そばデビューしましたか?」ということでペヤングが我が家に届きました。(^^)


皮付きの落花生もちびっ子は初めてです


「おいしい〜!」(E)(^^)v

「ちょっとからい・・・」(R)(><)

ということで、無事カップ焼そばデビューいたしました。(^^)/






さて、

ちびっ子たちの冬休み最大のお楽しみはクリスマスプレゼントとお年玉ですね。


ツリーはおとーさんと3人で飾ったよ




まずはサンタさんからのプレゼント!

Rくんは《任天堂3DS》

おかしいな・・・ウチに来るサンタさんはゲーム機は持ってないはずなのに。




Eくんは《ドラゴンボール全何巻!?》

サンタさん、大人買いしましたね。(笑)



この冬、Eくんは「サンタクロースって親ながやろ?」と何度も聞いていましたがプレゼントをもらった後は一切そのような発言はありませんでしたね・・・疑問は次のクリスマスまで持ち越しです。(笑)







Rくん、ゲームは3年生からというウチのルールをサンタさんは知らんかったみたいやね。それ、3年生まで預かっちょこうかねえ?(笑笑)

「え〜っ!!いかん!」




年末は午前中勉強、午後はゲームと漫画三昧の日々。

ゲームと漫画が目の前にぶら下がっているので宿題がはかどるはかどる。(笑)




大晦日は日帰りで高知県西部へ。

(1)まずは足摺海洋館
(2)ワクワク海底館
(3)遠回り
(4)見残しアスレチックコース
(5)高知の端っこへ





元旦は凧揚げとおみくじ。






2日はおとーさんの釣り仲間がやってきて新年会。






3日はおとーさんが仕事に行った後PくんKくんに連れて行ってもらった初釣りでEくんはエバの自己ベスト更新。

4日は自分たちでエバの手まり寿司作り。

Eくん新春初釣り




5日はお年玉で釣り具の買い物をしてそのまま釣りに行ったけどボウズ。(><)

神様からのプレゼント!?(^_^;)




6日は高知新聞のクロスワードパズルをやってハガキを出しました。




お魚関係の問題もありました(^^)v




7日はイオンでお年玉を消費。夜は回転寿司。








8日はイオンで買ってもらったパズルの本と一日中にらめっこ。






そして9日、お手紙の通りに楽しい冬休みはあっという間に過ぎ去って新学期のはじまりはじまり〜。

そして何があったのかさえいつの間にか忘れてしまう・・・。




冬休みの宿題には一行日記という欄がありまして、毎日そこに何かを書かなくてはいけません。

年末は頑張って勉強していたので書き抜かりなし。(^^)v

年が明けてからの何日分かが空欄ですが、何があったのか思い出せません。

聞かれた私も当然思い出せるはずもなく・・・(><)

日記のためにどうしても1日1イベントが必要だと主張するちびっ子達のためにツイッターとラインを遡りました。

ああそうかそうだったかと、記録があるから思い出せた記憶。(^_^;)

記憶があるうちにまとめて記録しておきます。




(独り言)
身内がこのブログの過去記事を結構読み返しゆうが。まあまあ役に立ちゅうがやき。記録って大事!(笑)


たまにはポチッとお願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

おとーさんいつ帰ってくるが?


おとーさんがいないことにはすでに慣れっこですが、1月3日に家を出たっきり一度も帰って来ない。

さすがに「おとーさんいつ帰ってくるが?」とRくん。(^_^;)

当初は土佐清水と宮崎の間で操業していたようですが水揚げが少なく近いうちに鹿児島に向かうと連絡がありました。




年明けから数ヶ月は土佐沖のカツオ漁は事実上休漁期。

『佐賀へカツオわずか』
『宇佐水揚げなし』
『土佐清水へカツオわずか』
(1/25付高知新聞の海・漁況速報から)



スーパーの鮮魚コーナーに並んでいるのは鹿児島産のみ。


タタキも刺身も鹿児島産

鹿児島なら年中カツオが釣れるんだろうか?




鹿児島とだけ聞いていたので鹿児島湾沿岸かと勝手に思っていましたが・・・・。

漁場はトカラ列島!?


鹿児島湾から漁場までは10時間以上




どうしてそんなところまで行くことになったのかはわかりません。
1〜2月はカツオ漁は休漁期で船はドック入りの予定だったはず。(^_^;)

おとーさんとしては、家でこき使われるよりは竿を握っている方が幸せなんでしょうね〜。(笑)





















(以上おとーさんのツイートから)



移動時間が長いのでツイッターもやり放題かと思いましたが、実はそうでもないらしい。

通信制限も困りますが、陸地から離れると電波が入らなくなるのでしばらくはなんの役にも立たなくなるスマホ。(笑)




家の方へも時折連絡があります。

特に何かが欲しい時はもれなく連絡が入ります。(笑)

とりあえず現金と薬、漁業用資材は送付しました。

まあ仕方がないですね、こんなに遠くで操業する予定じゃなかったのですから。




ヒマな時にもしっかり仕事をしているとアピールもありました。(笑)



手縫いの努力を感じる鈎ケース

こういうのを作って欲しいというサンプルですかね?



おとーさん、自作のボラ皮カブラで釣果をあげてます。

さすがカネマン!!(^_^;)

頑張れおとーさん!!(^^)/




Rくん、おとーさんが帰って来れるがはまだまだだいぶ先みたいやね。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

今年のインフルエンザ

1月18日早朝、Eくんの「しんどい〜!」という声で目がさめる。


熱いね〜。これはしんどいね〜。



午前中に小児科を受診するもインフルエンザの確定は出来ず。

発症して間がないと検査しても反応が出ないことはよくあるとのこと。


このまま熱が下がったら良し。明日も熱があるようだったら再度受診するように言われて風邪薬だけをいただいて帰る。




翌19日、解熱!?



下がり始めたからインフルエンザじゃなかったかもしれないと思ったのもつかの間。



また上がってきました。





午後、病院に行ってインフルエンザB型確定。(><)








今年はインフルエンザと診断されても発熱などの症状がない人も多いらしいけど、Eくんはそうじゃなかった。



20日も熱は下がりません。



熱以外にも、吐き気や腹痛などがひどくなり何も食べられず。

経口補水液を時々口にするだけになってしまいました。





ほとんど食事は摂れないまま経過して22日の夕方ようやく36度台に。



徐々に起き上がっていられる時間は長くなってきたけれど、何も食べたくない状態が24日まで続きました。

熱はなくてもちゃんと食事が出来るようにならないと学校に行くのは無理ですよね。

体に力は入らなくても熱はないので退屈。





宿題をしたり


折り紙をしてみたり


カブトガニ


5年生から始まる家庭科にそなえて運針のおけいこ


iPadで遊んだり


アプリを使って背景透過してみた


何を探しているのかと思ったら


織田家の家系図

この本の↓


登場人物が多くて頭の中が混乱気味だったようです。(笑)



食欲が出てくれないとどうしようもありません。

23、24、25日とダラダラと過ごしました。

26日、今朝の朝食は普段の半量くらいでしたがなんとか食べて学校復帰です。






Eくん、長いお休みになってしまいました。

「Eくん、今日も学校行かんが?」

「Rも頭痛いがよね〜」

「今朝はなんか気持ち悪いがやき」

と、毎朝訴え続けたRくんですが、元気モリモリ。


頭が痛いのはこの前友達とぶつかった時に出来たタンコブのところじゃない?

「う〜ん・・・」


気持ち悪いの治った?

「えっと、まあだいじょうぶ」


熱計ってみたら?

「うん!」(^^)

「熱ない・・・」


ということで、Rくんは1日も休まずずっと元気に登校しました。(^^)




今朝の高知新聞掲載の《高知県感染症情報》によれば、「インフルエンザ急増、全地域で警報」となっていました。

まだしばらくは要注意ですね。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ギンガメアジ(真冬のエバ)

ロウニンアジ(真冬のエバ】が自己ベスト更新になって嬉しいEくんです。

が、

ちょっと〜!



ロウニンアジに比べたら小さく見えるけどギンガメアジも自己ベストじゃないが?


ほら、まあまあ大きいで





私の記憶では、Eくんが初めてルアーで釣った魚がエバだったと思います。

ブログの中を探し回ったら・・・ありました。(^^)/

ボラとギンガメアジ

この時釣れたギンガメアジは15.5cm。

それに比べると今回はかなりサイズアップしてますが、ロウニンアジの影に隠れてしまいましたね。(^_^;)





スズキ目アジ科ギンガメアジ属ギンガメアジ(全長:23cm)


釣行記はこちら→【Eくん新春初釣り

お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ロウニンアジ(真冬のエバ)

新年早々自己ベスト更新のEくんの釣果です。

詳細は【Eくん新春初釣り】にて。




3匹釣ったエバのうちの一番型の良いのがロウニンアジ。







スズキ目アジ科ギンガメアジ属ロウニンアジ (全長:29cm)


上段の写真だと30cmを超えているように見えますが、Eくんが自分で確認して29cm。







以前に越冬エバの事を記事にしたことがありますが、これまでの釣果は秋や春先。

今年というかこの冬は、厳寒期にもよく釣れてますね。

そして型も上々です。





お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

(5)高知の端っこへ

当初の予定では宿毛方面に行って〈だるま夕日〉を見ようと考えていたのですが、あいにく雲が多め。

高知県の端っこ大月町までドライブしてから帰ることにしました。





向こうに見える島は高知最南端の沖の島(宿毛市)

同じ島でも柏島は橋が掛かっているので車でさっと渡れますが、沖の島は船に乗らないと無理ですね。

沖の島は私もまだ行ったことがありません。

私の父母、EくんRくんの曽祖父母は昔々の磯釣り全盛期にこの辺りの磯にはかなり通っていました。

今でこそ交通の便も良くなっていますが、その当時はかなり時間が掛かったと思います。

そんなことを思いながら歩いていると何やら史跡の案内板らしきものを発見しました。






柏島石堤
この石堤は土佐藩の家老野中兼山により集落を風波から護るため島の南、北、東の三面を長さ六町二〇間(645m)高さ一間四尺(3m)幅一間余(2m)満潮時水面からの高さ四尺七寸(1.45m)の建築がなされた。更に兼山は島の周辺が潮流の加減により好漁場になると考え、島の南東端から対岸との間の海峡の長さ二町五二間(310m)高さ一間半(約1.8m)幅二間(約3.7m)の大堤を築き折戸の白砂を敷き浅瀬とした。築堤は七年(1652〜1658年)の歳月を要し労役は主として島民によるもので先人の労力の程が偲ばれる。石堤は昭和二八年高知県史跡に指定されている。(大月町教育委員会)

土佐藩の家老野中兼山、高知県民なら皆さんご存知ですね。

八田堰や山田堰の他、港の整備や防波堤や波止場の建設など県内各地にその業績が残っています。

暗くてわかりにくいですが、7年かかって築かれた石堤
(現在はコンクリートで覆われています)

小4のEくんは野中兼山の業績についてはすでに学習済みのはずですがチラ見して通過。(^_^;)




その石堤の脇を通って浜に下りてみました。





Eくんが棒切れを手にしたら、



もちろんRくんも探してきました。(笑)



この日はこの辺り一帯が強風で、風が背中をガンガン押してくる勢い。

早々に退散。(^_^;)





グラスボートは冬場は休業のようです



大月町、今度は夏に訪れてみたいですね。




帰り道、ウトウトしてしまいました。

で、

どこをどう帰ったのかよく分からないまま気がつけば四万十町窪川。(^_^;)









県内ではかなり豪華な 水車亭のイルミネーションです。




ここからは高知自動車道で一気に高知へ。



2017年大晦日、年越しソバはラーメンで。




朝06:00に家を出発して20:30帰宅。結構な距離を走りました。

おとーさん、運転お疲れでした。m(_ _)m

仕事が忙しくまとまった休みがなかなか取れないおとーさん、次はいつ遊びに行けるろうね?


2018年1月12日

柏島の沖を通過して鹿児島に向かうおとーさん。







たった1日の小旅行をタラタラと全5回・・・(^_^;)

(1)まずは足摺海洋館
(2)ワクワク海底館
(3)遠回り
(4)見残しアスレチックコース
そしてやっと完結【(5)高知の端っこへ】です。

ご覧いただきありがとうございました。




_φ( ̄ー ̄ )

年末だし予定には入れてなかったけど、ちょっと気になっていた柏島の黒潮実感センター。

夏に行きたい。

その黒潮実感センターのHPに大月発くろしお便りとして石堤が出来た経緯などが掲載されています。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

(4)見残しアスレチックコース

足摺海洋館、そして海底館、遠回りして、お腹が空いて・・・腹ごしらえ。




Rくんは即決でカレー!

Eくんはカレーとハンバーグランチを頼んでさらに唐揚げをチョイス。

Eくん欲張り過ぎ・・・そんなに食べれるが?

と言うことで、大人は何もオーダーせずにちびっ子達の様子見。(^_^;)

結局Rくんはカレーが辛くて食べられずうどんにチェンジ。

私はRくんの残りのカレー、おとーさんはEくんの残り物をありがた〜くいただきました。(笑)




さて、お腹もいっぱいになりました。

今度こそ、グラスボートに乗りますよ。

グラスボート乗り場で写真を撮るの忘れました。(><)

竜串地区の2ヶ所から船が出ていますが、今回は海底館に近い『たつくし海中観光』さんにお世話になりました。


たつくし海中観光フェイスブックより




船の中はこんな感じです。








海中と海岸線の景色、途中で何ヶ所かのサンゴの群生地を回って見残し海岸へと移動します。





ちびっ子達はサンゴはどうでもよくて(笑)、群れ泳ぐスズメダイやイシモチの仲間に歓声。

ひょっこり見えたウツボなど水族館とも海底館ともまた違った雰囲気です。




みんなで見入っていたので写真はこんなのしかありません。(^_^;)
たつくし海中観光フォトギャラリーで見れます。




楽しい時間はあっという間に過ぎて見残し海岸に到着。

上陸せずにそのままトンボ返りで元の港に帰っても良いし、下船して次の便が来るまでの50分間で散策コースを一巡するも良しと言われました。

どうする?

「え〜、帰りたい〜!」(R)

そうか〜。




と、話しているうちにEくんとおとーさんは船を降りてさっさと歩いて行ってしまいました。(^_^;)

行くで!降りるで!(笑)





コレが遊歩道?

おとーさんとEくんを追い越したRくんは楽しそうにどんどん先へ進みます。






なかなか追いついて来ないと思ったらおとーさんとEくんはまだあんなところです。




Eくん、どこに行きゆうが?


良い眺めか〜い?

えっ!?まだ上がる?


足を滑らせたら大変です




それにしても自然の造形は迫力ありますね。







この辺りはその昔相当の難所だったらしく「弘法大師も見残した」という伝承から「見残し」と言う地名がついたとか。 現在はグラスボートで渡れるし、遊歩道も整備されていて、ここまできて『見残すのはもったいない』素晴らしい景勝地でした。

小さい子どもさんが1人で歩くにはちょっと厳しいところもあります。

が、

最大の難所は展望台へと向かう登り坂でしたね。(^_^;)














「え〜っ!帰りたい〜!」と言っていたRくんでしたが「天然アスレチックやったねぇ〜!」と彼が一番満喫してたかも。(笑)


アスレチックコース図!?






グラスボートで渡ってきたわけではないと思いますが、釣りをしている方もボツボツ見かけました。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

おおのまっことひやいちや

おとーさんから、これからトカラ列島に漁に向かうという連絡とともに写真が届きました。



1月12日、海上も雪もよう。



昨日(1/12)の高知新聞夕刊に「高知市鏡の樽の滝がツララに覆われた」という記事が写真とともに掲載されていましたね。

で、その樽の滝の様子を写真で見たEくんが、

「ツララ見に行きたい〜!」と。

そんなに突然言われても、車の装備が・・・「今年はスタッドレスに交換してないき無理で」と却下された。(^_^;)




仕方がないよね、諦めて。

「外の水道を出しっ放しにしちょったら出来るがやない?」

いや、ひょっとしたら出来るかもしれんけどそれはやめて〜!(^_^;)




ヨシ!ツララ作るか!

Eくんたちが寝静まった後、とりあえず濡れタオルを物干し竿にぶら下げて就寝。

翌朝、布団から出るのが億劫な寒さ。

濡れタオルはいい感じに凍っちゅう。

水を掛けて一旦家の中へ。

しばらくしてからまた外に出て水をかけたら家の中に退散。

10回ほど繰り返したらそれらしきものが出来てきた。(^^)v





もうすぐ日の出で気温が上がり始めたら水の泡。はよう起きてきて〜!(^_^;)






その後も水を掛けてツララを成長させました。






「手が冷やい〜!」と言いながらマジックも!?(笑)









昨日の朝もかなり冷えました。

かわいそうなくらい寒い時間に家を出て学校へ向かいましたが、今日は土曜日で学校はお休み。(^^)v

氷が張るほど寒くても嬉しい朝です。








「ちょっと〜はよう〜!はよう来て〜!」

と玄関で呼ぶ声がするので行ってみたら・・・、


10:40頃


うわっ!!

ここに置いたらいかん〜!(^_^;)

その後も、

「ちょ〜ヤバイ〜!」

「はよう〜!」

と、あちこち探索しては報告が。(笑)


おおのまっことひやいちや!(>_<)



仁淀川町の赤滝では今月20日に散策ツアーが予定されているとか。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

(3)遠回り


わりことし3人組(笑)

頭を寄せ合って何の相談?(^_^;)

あ、使い方を読みよっただけやった!?(笑)








さて、海底館を後にして今度はグラスボートに乗る予定です。





ちょっと〜!

そっちと違うろう!?

来た道を帰るがで〜!


あ〜ぁ・・・

しばらくしてスマホが鳴って「こっちからも行けるみたいで」とおとーさん。

はいはい、向かいます。




高い所には必ず上るとか決まりがありますか?(笑)


コレ、なんか良くない!?


出来た!?

「見よってよ〜!」


お〜〜!!

ということで、なんとな〜くコツがつかめてきたRくんでした。(^^)v




流木と大量のキクメイシ(!?)が散らばっているもののゴミもほとんど見当たらずきれいな海岸。

水切りも出来るようになったし!!

遠回りした甲斐がありました。





コレ、何?



(帰宅後ですが)貫通しているロープを引っ張って抜こうとしたけど無理だった。

どうやらロープを巻き込んで成長したもよう。






竜串の狭いエリアのそのまた一角だけで半日。



どうやらここは爪白というところらしい。




そろそろグラスボートに乗りに行こうや〜!

「え〜っ!」

グラスボートには乗らずにここでずっと遊ぶ?

「けんど、お腹空いた〜!」

そうか。

お昼はとうに過ぎちゅうね。(^_^;)





レスト竜串の前の景色
お天気はイマイチですが、風がなくて幸い。

これから腹ごしらえ。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

(2)ワクワク海底館

海洋館を後にして次は足摺海底館へやってきました。

ゆっくりと周辺を散策しながら移動しても良かったのですが時間が足りるのか足りなくなるのかわからないのでとりあえず車で移動〜。


レスト竜串正面到着

海底館と書いてあるのでここで入場券を購入するのかと思ったらそうではなくて、入り口から入ってお土産物売場を通過してそのまま出口へ。(^_^;)

そこからグラスボートのチケット売り場前も通過。






遊歩道を歩いて海底館に向かいます。



しばらく歩くと海底館が見えてきました。



遊歩道・・・普通に歩いて欲しかった。





猿山かと思うたわ。(笑)


やっと着いた。

普通に歩けばそんなに長い距離ではありません。




海底館の入り口で入館料を払います。

海洋館のチケットの半券を見せると割引がありました。(^^)v









やった!

おそらく寒い季節の方が透明度が高いだろうという予測通りで一安心。

せっかく来たのに何も見えないというのは本当に残念ですからね。




螺旋階段を降りて行きます。

と言ってもこの写真は帰りに登り階段から下方を撮ったものですが。(^_^;)



ちびっ子達は初めて来たのでワクワク感でいっぱいです。






1人が1つの窓を占有しても全然問題ないくらいの人出。



あっちの窓こっちの窓と渡り歩き、退屈するヒマはありませんでした。
















アレ!?
さっきまでここにあったカゴ





が?



なくなった!


ひょっとするとコマセがカゴに入って降りてくる?

まだかまだかと


ずーっと待っていたEくんです



が、

館内にいる間にはカゴは降りて来ませんでした。

残念!!(><)




水族館とはまた違って、見えない向こうの遠くから何かがやってくるかもしれないと思えば、ずっと眺めていられるしワクワクします。




けんどね、そろそろ上に上がるで〜。

「え〜っ!」

「もうちょっと〜!」




これからグラスボートに乗って海中散歩をしたいので今日はここまで。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM