マツダイ



スズキ目マツダイ科マツダイ属マツダイ(全長50cm)

7月17日にPくんが「ちょっと珍しい魚が釣れたき」と言ってシイラと一緒に届けてくれました。




色の黒さや高い体高、うちわ型の尾鰭などなんとなくアカメに似ている!?


鱗はかなりしっかりとしていてウロコ掻きは結構大変でした。

Eくん的新種なのでここはやはり刺身ですね。



癖のない淡白な白身で、少々物足りなさを感じるのは季節が関係しているのかもしれません。


で、そういう時は足し算をします。


甘酢餡掛け

ソテーとかフライとかだと家族みんなが食べるにはちょっと魚が足りないかなという時には、野菜をたくさん足して、油も足してボリューム感をドンと出してくれる甘酢餡掛け。我が家の定番です。




ということで・・・

高知で獲れる魚に特化した、“Eくんの生き物図鑑”というカテゴリーで書き始めたはずのブログ記事が、最近は“美味しく食べる生き物レシピ”に様変わりしていることに自分で気がついていますよ。はい。(^_^;)




今回は初めて見る魚なのでEくんも一緒に図鑑を開いて確認しました。

当初Pくんから『確かみんながマツエダイと言いよった』と聞いていたのですがマツエダイという魚はいなくてマツダイとわかった時に思い出したのがコショウダイ。




以前にコショウダイの幼魚とマツダイの幼魚の区別がつかず悩んだことがありました。
結局それは【コショウダイ属】の幼魚と教えていただきました。

成魚になると全く別物ですね。

体は高く、背鰭・腹鰭軟条部と尾鰭の後端が丸みをおびて、尾鰭が3つあるように見えることから英名でトリプルテールと呼ばれている。体色は幼魚は茶褐色〜黄色で、成長すると黒っぽくなる。幼魚期の色彩は、枯葉への擬態ではないかと考えられる。体長80cmに達する大型魚。(引用:WEB魚図鑑マツダイ)



尾鰭が3つあるように見えることから英名はトリプルテール


釣りに詳しい方の話ではシイラ釣りの外道としては珍しい魚ではなく、シイラと同じく海に漂っている浮遊物などに集まる性質があり、表層で横になって漂っていて、その横になったままの姿勢で餌をめがけて泳いで来たりするのだそうです。

釣れたらすぐに船上で活き〆をし、氷などでしっかりと冷やし、さらに1日寝かせると大変美味になるということです。

アカメに似た外見から『沖アカメ』と称されることもあるとか。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

シイラ

シイラは高知県内でもクマビキ、トウヤク、ネコマタギと呼び方がいろいろとあります。



シイラ(全長60cm)



スズキ目シイラ科シイラ属シイラ(全長72cm)




釣り物としてはなかなか面白いターゲットということですが、私はもっぱら食べる方が専門です。

好き嫌いが分かれる魚ですが、生の場合は「ぬた」という酢味噌を添えて食べるのが高知流。




「ぬた」の基本は、(他県ではあまり食べないらしい)ニンニク葉を細かく刻んでさらにすり鉢ですったものに味噌と酢、砂糖などを加え酢味噌にしたものです。

我が家ではニンニク葉が手に入らない時はは青シソにニンニク球のすりおろしを加えることもありますね。


青ものがないときはニンニク球のすりおろしだけになることも。(^_^;)

兎にも角にもニンニク風味酢味噌の「ぬた」でいただくというのが定番です。




さて、シイラの別名はネコマタギ。

ネコも食べないからネコマタギ?

日本ではネコマタギでも海外では高級魚!?

高級魚というのが本当かどうかは定かではありませんが、ハワイのマヒマヒと言えばお分かりになる方も多いのでは。

身が柔らかく癖のないマヒマヒはフライがオススメ。

さっぱりとレモンを絞ったり、タルタルソース、ウスターソースでも美味しいですが、我が家はゆずぽん酢でいただきます。


マヒマヒのフライ




それから、忘れてはいけないのが真子。
雌のお腹の中にあるタマゴですね。

シイラの真子の煮付けは大変美味です。


ちょっと醤油辛くなってしまいました。

そのほかソテーや塩焼きに干物にと、なんでもアリのシイラですが、煮付けだけはいまだにしたことがありません。




7月17日Pくんが届けてくれたシイラ=ハワイの高級魚、大変美味しくいただきました。

ご馳走様でした。m(_ _)m


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

1匹だけメジカ(^^)

7月12日に【おとーさ〜〜ん!メジカ〜!!】とブログの中で叫びましたが、それが聞こえたのかな?(笑)

その日の夜中にメジカがウチにやって来た!(^^)




カツオの一本釣り漁はひとまず終了ということで最後の水揚げが終わった後、お土産のカツオをおとーさんが持って帰ってきました。

翌朝、クーラーにカツオが何本入っているかを確認していたら、なんか様子の違うものを2本発見。

!!

ひょっとしてこれはメジカ!?






メジカ(マルソウダ)2匹かと思ったけど、捌いたら1匹はスマ(ヒラソウダ)でした。

私、相変わらず見た目では区別がついていません。(^_^;)

活き〆してないので刺身は諦め、カツオの角煮のように甘辛く煮付けにしました。

メジカとスマ、一般的にはスマの方が美味しいとされていますね。

両方の煮付けを食べ比べたEくんの感想は、

「スマはパサパサで美味しくない」

「メジカはしっとりでちゃんと味がして美味しい」

時期的な要因も関係していますが、やはりメジカには独特の旨味があるんですね。




それにしても、「おとーさ〜〜ん!メジカ〜!」と書いたらちゃんとメジカを持って帰って来ましたねぇ。

おとーさんは、「あ!メジカが入っちょった?」と全く気がついてなかったみたいですが。(笑)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

アオハタ

まずはK紫さんのツィートから。


偶然会って、話している時にこいつ。

キレイに撮れてますよね〜。

ブログに写真を使いたいと伝えたところ「もう一枚ありました」と提供して頂きました。


これもお魚ピカピカ




実は提供して頂いたのは写真だけではなくて実物もです。(^^)v


条件が変われば写真もこんなに変わる

「Eくんの生き物図鑑用に」とわざわざ届けてくれました。

ありがとうございます。m(_ _)m





午後、Eくんが学校から帰って来ました。

K紫さんが魚を持って来てくれちゅうで〜と冷蔵庫から取り出して見せました。

「ヤミハタ?」

う〜ん・・・残念!アオハタという種類らしいで。




ずいぶん前になりますが、Eくんが初めて釣ったハタ科の魚がヤミハタでした。

自分が釣った魚のことはしっかり記憶に残っているもんですね。


釣れんけど釣れた〜!

同じハタ科でなんとな〜く似ています!?




ということでEくん的新種アオハタの記念撮影です。


スズキ目ハタ科エピネフェルス属アオハタ(全長23cm)
















お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

アジゴとコノシロ

7月12日、Iさんにアジゴとコノシロを多数頂きました。





浦戸湾内での釣果だそうです。



アジゴは1番大きいもので15cmほどに育っていました




次々と皆さんが届けてくれるお魚で我が家の食卓が潤っております。

ありがとうございます。






ちょうどおとーさんがカツオを持って帰ってきていたので物々交換。(笑)

お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

タマガシラ


スズキ目イトヨリダイ科タマガシラ属タマガシラ(全長:23cm)


過日Tくんが届けてくれたたくさんのイトヨリに混じって入っていたのは 【ソコイトヨリ】とコレ。




Eくん、コレは初めて見るがやない?


「タマガシラやんか〜」

「前に見たことあるで〜」

あぁ?

そうやった!?

私の記憶からはすっかり抜け落ちてます。(^_^;)

ひょっとするとどこか私のいないところで見た?

私の手元にはタマガシラにの写真はないぞ〜、とブログ内も探してみましたが見つかりませんでした。

「前に佐賀から送ってもらった魚の中におったろ!」

え〜!?

全く思い出せません・・・(>_<)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ソコイトヨリ

7月9日(日)の夕方高知沖で釣れた魚をTくんがわざわざ届けてくれました。

本当は「大きなタイを持って来ますよ〜!」と威勢良く釣りに行ったのですが、この日はイトヨリのパラダイスだったもよう。(笑)


大小のイトヨリの他にもいろいろと(^^)




アスリートTくん、実は釣りの腕前もかなりのもので、その上魚種についても博士級で、Eくんの憧れです。


「これはソコイトヨリで」

そう言ってお腹の方の黄色い縦縞が特徴だと教えてくれました。


スズキ目イトヨリダイ科イトヨリダイ属ソコイトヨリ(全長29cm)

イトヨリにそっくりで言われなかったら気がつかなかったかもしれないですが、たくさんのイトヨリに混じって2匹のソコイトヨリが入っていました。

Eくん的新種になります。(^^)v




鯛釣りの外道でイトヨリばかりだと残念がる方も多いかもしれませんが、

実は!

我が家はマダイよりもイトヨリの方が嬉しい。(^^)v

味の方はイトヨリもソコイトヨリも大差なく、ソコイトヨリの方がわずかに身がしっかりしている感じです。


と言ってもイトヨリ類は柔らかくてなんとなく水っぽいものです。

が!

上品で極上の旨味はマダイの比ではありません。

お刺身のほか煮たり焼いたりダシも取ったりと余すところなしです。


裏技というほどのものでもありませんが、3枚おろしにした身はキッチンペーパーなどで包んでから冷蔵庫で寝かすと余分な水分が抜けて身がしまり旨味が増すと言われています。

さらに今回は、

少量の日本酒に塩をひとつまみ入れてよく溶かしたものに身をくぐらせてからペーパーで包んで寝かしてみました。

塩の量は塩っぱくなるほどは入れず、逆にわずかに甘みを感じるくらいにほんの少量ですが、なかなかいい仕事をしてくれました。





塩焼きですがほぼ干物

軽く塩をして冷蔵庫で一昼夜置いて(ラップなどはせずに)水分を飛ばしてから焼くと旨味が凝縮されて美味しくなります。

冷蔵庫は魚臭くなりますが、雨の多い梅雨の時期はこの方法で干物もどきにします。





にゅうめん

アラで出汁を取り、焼いたイトヨリをトッピング。





そぼろ

ダシを取った後も捨てずに使います。

イトヨリに限らず美味しい魚がたくさんあるときはダシを取った後のアラの身だけで結構な量のそぼろが出来ますね。




今回はイトヨリの写真は撮らなかったのですが、以前に撮った写真がありました。

ソコイトヨリと大変良く似ています。


全長:41cm
イトヨリダイ(糸撚鯛)

標準和名はイトヨリダイですが、我が家ではたんに『イトヨリ』と呼ぶことが多いです。



お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

おとーさ〜〜ん!メジカ〜!

6月末頃に『梅雨メジカ記録的不漁(土佐清水)』という高知新聞の記事がありました。

 原因は「黒潮の離岸と、魚影があっても餌を食べない異例の状況」と新聞には書いていました。

メジカとはマルソウダの事ですが、研究はあまりされていないらしく餌を食べない原因などが全くわからないそうです。




今の時期のメジカは梅雨メジカ。

じゃあ他の季節に獲れるメジカは?
梅雨メジカで検索してトップに出てきたHPをリンクします。

土佐清水にある ウェルカムジョン万カンパニーです。

春メジカ(4月〜5月)、梅雨メジカ(6月〜7月)、笹メジカ(8月〜9月)、秋メジカ(10月〜12月)、冬メジカ(1月〜3月)となっていました。

これによればメジカ漁は通年できるのかもしれませんが、最盛期に当たるのはどの時期なんでしょう?


いずれにしても、早く釣れるようになって欲しいものです。




さて、梅雨メジカが終わると笹メジカ、いわゆる新子の季節になりますね〜。

メジカの新子といえば須崎市の新子まつり!

須崎新子まつり実行委員会のフェイスブックには今年も新子まつりが開催されると告知がありましたよ。

夏に期待したいですね。(^^)




が、




実はメジカは冬が旬!

高知では陸から釣れるポイントは《あそこ》が1番!なのですが、運が良ければこんなところでも釣れることがあります。

またも高知新港(^_^;)

人間の心理って面白いですね。

数が少なく時期的に貴重なメジカ、さらに今が旬と言われれば、輪をかけてちょー激ウマになります。(笑)




さて、ここからが本題!?

高知県で陸からメジカが狙える一級ポイントは《あそこ》ですね。

昨年はたくさん釣らせていただきましたが、今年はおとーさんがいないので釣行記は多分書けない。(^_^;)

そして口にも入らない!?(>_<)

仕方がありませんね・・・そんな年もあります。

今年はお土産のカツオで我慢します。(笑)

すみません、なんか贅沢なことを言ってますが、カツオとメジカの美味しさは全く別物なので・・・(^_^;)




で、

ポイントと時期を公開しますので誰か釣って来てください。(笑)

イヤ、すでに釣れ始めているようですよ。

「今年もメジカが釣れ始めたで〜!」 「1日で100kg位釣っちゅうで〜!」と電話で連絡もいただきました。

某漁港の中の話ですよ。

漁港の中で100kg!?

そうなんです。

昨年は我が家のちびっ子釣り師も大漁でした。

Eくん、メジカ釣りに初挑戦

あぁ、また行きたいねえ!

「おとーさ〜〜〜ん!!」

「メジカ釣れ始めたで〜〜!!」




そういえばここの港では・・・

港にキハダ!!

未確認情報ですが、今年はすでに漁港の中で釣れているという噂!(◎_◎;)




今日はメジカ!メジカ!と書いたのにメジカの写真が全くないのもどうかと思い・・・。



昨年11月に釣れたマルソウダ(メジカ)です。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

クロダイ属2種


スズキ目タイ科クロダイ属クロダイ(47cm)7月2日(月)K紫氏釣果


浦ノ内で釣ったということでしたが、我が家に届けて頂いた時には氷の入ったクーラーボックスの中でまだ口をパクパクしていました。

こんなに元気なチヌは美味しいですよ〜。

捌いた後、日本酒に少量の塩を溶かしその中で身を振り洗いし、その後キッチンペーパーに包んで冷蔵庫に入れる。

翌日、片栗粉をまぶして唐揚げに。

コテコテと味付けをしなくてもさっぱりと美味。(^^)v

「寄生虫がいるかも・・・」といっておられましたが、そんな心配は全く無用でした〜。(^^)/




別の日、ついさっき「今日は釣りはせんき」と言いながら家に帰ったはずのPくんが舞い戻ってきた。(・・?)


スズキ目タイ科クロダイ属キチヌ(36cm)7月6日(木)Pくん釣果

活かしちょったらエサにちょうどやない?

「明日また釣るきかまんかまん」と言いよったけど、翌日は釣れんかったらしいです。(^_^;)




高知ではクロダイはチヌ、キチヌはキビレと呼ぶ方が多いと思います。

クロダイ属のこの2種は海水〜汽水域まで広範囲で釣れますね。




雌雄同体の両性魚で成長とともに性転換をし、1年目には雄として機能し、翌年からは雌になるという。

産卵時期は、クロダイが春でキチヌは秋。

釣り物としては馴染みのある種ですが、生態はどちらも不明な点が多く、複数の種を含むのではないかといわれているようです。






魚の図鑑などを見るたびに、よくもまあこれほど詳細にいろいろと調査研究が出来ているなあと感心して読むことが多いのです。

が、まだまだ解明されてないことの方がずっと多いのですね。(^_^;)




お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

警戒モード無事解除

今回の記事は都合により2編になりました。

前編はこちら→【春夏冬の釣り






小ぶりのチヌを泳がせた途端、間髪を容れずという表現がぴったりの素早いアカメの反応にびっくりしながらPくんの対応に注目します。





アカメは自分の咥えた獲物が鈎のついたものだということには全く気がつかずに悠々と沖に向かっている感じです。

ラインがどんどん出ています。

Pくんはなぜか合わせを入れません。

本当にアカメ?

「間違いない」と自信満々のPくん

えらい沖まで走らせるねぇ。

《迅速に確実に取り込んで周囲の皆さんに迷惑を掛けない努力》が不可欠の赤灯台でのアカメ釣りです。

ここでは即合わせ、鬼合わせが鉄則じゃなかった?

タックルはPくんが奮発してアカメ用に新調したものなのでなんの心配もないはずですが・・・。





どれくらい糸が出たのでしょう?

10秒、20秒、30秒・・・そろそろ1分が近くなってきました。




ようやくフッキングの態勢に。



慎重にかつ大胆に、これでもか!これでもか!というくらいに何度もしゃくっていましたね。




どんな釣りでも同じだと思いますが、トラブルが起こりやすいのはバイトがあってからランディングまでの間。

右往左往するアカメをコントロールしながらポジションは変わらずに手前まで寄せてきました。





赤灯台は釣り人の多い釣り場です。

ヒットしたアカメをそこでしっかり止めて走らせることなくかつアカメをコントロールしつつランディングする事が要求されます。

アカメ釣りを始めて1年、1年かけてそれなりの数を釣ってきたPくんの赤灯台で初のアカメ。




ここまでくればホッとひと息。




が、実はここからが肝心なところです。



堤防上での取り込みは魚に負担がかかるのでまずは波打ち際に移動します。

釣りをしているみなさんに仕掛けをあげてもらい道を空けて頂いての移動です。

アカメが釣れたからといって釣り場にいる全ての人が協力的とは限りません。





今日は竿を出している人が少なく、比較的スムーズに事が運びました。





波が打ち寄せてくるタイミングで浜にあげストリンガーを装着します。

フィッシュグリップやストリンガー、ロープ、メジャーは?

ここで、「Kちゃ〜ん!お願いしま〜す!」となるわけです。(笑)

砂浜なのでタックルはその場には直には置けません。

「これ、ちょっと持って〜!」

と誰かに手伝ってもらいたいですよね。

なになに?

写真も撮りたい!?(笑)





アカメも疲れているとはいえまだ余力は充分に残っていて、時折暴れることもあるのでそのあたりにも注意しながらの作業です。

ホームの中州では最初から最後まで1人でなんでもこなせるPくんですが、赤灯台で竿を出す時にはまだ少し不安が残ります。

いろいろな意味でKちゃんのサポートは心強いはずです。




ここでは釣ったアカメをそのまま堤防にあげてしまう豪快な方もいます。

食料として持ち帰るので魚へのダメージに配慮する必要はないからです。

ただし、この場合はかなり大きなタモやギャフが必要です。




リリースするつもりで釣るのなら波打ち際でランディングすれば魚へのダメージは少なくなりますが、そこに行くまでの堤防上で釣りをしている全ての方たちに道をあけてもらわねばなりません。





日中にアカメとファイト出来る種崎赤灯台ですが、タックルその他準備は怠りなく、あちこちに配慮しながら、サポート態勢も整えて、釣り人の少ない時に、 もちろんアカメがそこにいて、 泳がせ用のエサを確保出来る準備も必要です。

泳がせ釣りの場合だと大型のアカメが掛かる確率は高くなります。そこでタックルに不安があったら?

ルアーをキャストして沖の方でアカメがヒットしてしまったら?

不安が大きければ大きいほど周囲の方に迷惑を掛けてしまう事になり兼ねません。

Pくんが赤灯台デビューするには1年掛かりました。

大型のアカメを狙う泳がせ釣りにはそれなりのタックルと体力と技術、そして周囲の援助と協力が必要不可欠ということを身を以て経験してきたPくんには余裕がありましたね。






数年前、赤灯台でアカメ釣りをしているおとーさんを見かけ、いつかはここでアカメを釣ろうと思い続けてきたPくん。

ホームの中州で経験を積んできました。

そのPくんが赤灯台でようやく手にした118cmのアカメ。

自己ベストには届きませんでしたが、本当に嬉しい1匹だと思います。

新しいタックルにやっと『入魂』出来たしね!

そして、自らの手でタグ&リリース。

心から『おめでとう』と祝福したいと思います。






この日、Pくんがアカメを沖に走らせたのにはワケがあります。

もちろん走らせても問題ない状況だと判断したからですが。

気になる方は本人に聞いてください(笑)

自信を持って・・・過信ではありません。(笑)

獲れるという確信を持ってアカメと対峙しているPくんはなかなかカッコ良かったですよ。(^^)






たまたま空き時間ができて、ちょこっと様子を見に行ったタイミングで釣れたので写真も動画も撮ることが出来ました。(^^)v







パッタリと釣れなくなっていたボラやチヌがその後はバラバラと釣れ始め、他の魚たちの警戒モードも無事解除されたようです。

めでたしめでたし。(^^)



2017年7月1日(土)、釣り人が少なくてホントに良かった!(^_^;)

お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

<< | 2/86PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM