カイワリ(ベイケン)

また3月26日(日)の釣果になりますが、今回はカイワリです。

高知だと魚屋さんでは『ベイケン』の名で売られていることが多いと思います。

刺身で良し、煮て良し、焼いて良しの美味しい魚ですね。(^ ^)

アジ科カイワリ属カイワリ(全長17cm)

16cmと17cmの2匹がクーラーボックスに入っていました。


煮付けも塩焼きも良いのですが、今日はいろいろな魚があるので、食べたことのない魚は刺身にして試食会。(^ ^)


カイワリとアヤメカサゴとシラコダイ
この3種がちびっ子達が今日初めて食べた魚です。

「カイワリは間違いなく美味しいね」


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

キダイ(レンコダイ)

レンコダイの標準和名はキダイ。

レンコという名に馴染んでいるのでキダイはすぐに忘れてしまう。

呪文のようにキダイ、キダイ、キダイ・・・きっとまた忘れる。(笑)





タイ科キダイ属キダイ(全長27cm)

3月26日(日)に土佐沖で釣れたものです。

正面から写真を撮ったものがありませんでしたからこれは嬉しい1匹です。

釣行者4人の内の誰が釣ったのかは不明ですが、釣ってくれてありがとう〜!(^^)/




食用なのでタラタラと写真を撮っていたりしたら「味が落ちる!」「腐る!」とお叱りを受けます。(^_^;)

で、今回はみんなが寝静まった深夜に氷のいっぱい詰まったクーラーボックスから引っ張り出して・・・おおの手が冷たい。(>_<)




















レンコという言葉に何か意味があるのかと調べてみました。

わかりませんでした。(^_^;)

キダイ属には《キビレアカレンコ》という種が存在しているらしい。

レンコダイは連子鯛らしい。

高知でコタイと呼ばれている魚がどうやらレンコダイ(キダイ)らしい。

流通価格でみると、マダイ、チダイ、キダイの順で価値が下がっていくらしい。

らしい、らしいの連続ですね。(^_^;)

調べても結局疑問は疑問のままです。(笑)

我が家での食料としての評価は一番がキダイ、その後にチダイ、マダイとなります。(笑)




お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

カサゴ

生き物図鑑にはすでに登場していますが、せっかく持って帰ってくれたので記念撮影ですね。


3月26日(日)土佐沖〜高知新港付近

目が突出しているものが多いのは深場で釣れたからだ思います。

それにしても水深があるところにいるカサゴは色がきれいな個体が多いですね。

集合写真を撮り終えて鱗を落としていたのですが、疲れた。(^_^;)

で、気分転換に写真のお稽古。



サイズ的にはもっと大きいものもいましたが、これは18cm。




そういえば少し前にもガッシーくんの写真を撮っていました。

以下、写真の加工の練習用モデルさん。




2匹とも今年3月半ばに頂いたものです。


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

イトヨリダイ(糸撚鯛)


日曜日に船を出していたおとーさんから「イトヨリが釣れちゅう」と連絡が入りました。

20cm位を想像していたのですが、持って帰ってきたそれは結構大きくてビックリしました。


イトヨリダイ科イトヨリダイ属イトヨリダイ
特徴:体色は背部が鮮やかな桃色で、腹部は淡色、体側には6-8本の幅の狭い黄色縦帯をもつ。背鰭は10棘9軟条で、他の日本産イトヨリダイ属と同様だが、臀鰭は3棘8軟条と軟条数が多い(他の日本産イトヨリダイ属では多くが3棘7軟条)。生鮮時には側線始部に小さな赤色斑がある。尾鰭上端は糸状にのびる。体長35cmに達する。(WEB魚図鑑より引用)

おとーさんがイトヨリと言ってますが、一応ね、しっかり確認です。

全長が30cmを超えているので、背鰭や臀鰭の条数を数えても苦になりません。(笑)




さて、

イトヨリといえば“すり身”の原料というイメージがありますね。

Eくんはイトヨリのすり身で作った汁物が大好きです。

すり身は良く食べるのですが、Eくんが実物のイトヨリを見るのは初めてです。

スーパーの鮮魚コーナーで見かける事はめったにありません。

お刺身なども売ってないですね。

あるのはすり身!




という事で、

せっかくなので今回は刺身とアラでダシをとって吸い物にする事にしました。





全長:41cm











胸鰭を撮るのを忘れましたが、すでに同定済なのでまあいいや。(^_^;)

正確には胸鰭が体色と一体になってわかりにくいので後回し・・・その後すっかり忘れていました。(ーー;)




身は淡白で柔らかめ。

刺身にするなら3枚おろしにしてキッチンペーパーなどで包んで少し水分を抜いたほうが良かったかも。

アラで取ったダシはなかなかのものでした。




すり身にしたらアラが残りますよね。

アラだけを売っていたら飛びついて買います!

まあ、鮮度のこともあるのでアラだけを売るというのは難しいかもしれません。




この日は4人で沖に出ていたので釣ったのが誰だったのかわかりませんが・・・おかげさまで美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。m(_ _)m





全長:30cm

糸撚鯛の 煮るには惜しき はなの彩 (東 百代)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

クサフグ


クサフグ(全長:10cm)
2017/3/19高知新港付近で網で採集




これまでフグはかなりの数を釣ってきましたが、まあフグはたいていその場でリリースですよね。

今回はちゃんと撮ってみようと思ったのですが・・・。

同じ日に持ち帰ったネズミゴチに難儀したのと、生きたままで写真を撮ろうとしたので結構大変。(^_^;)

少し膨れてくれたらなあと思い突っついてみたりもしましたが、その気配すらなくずっとフニャフニャ。(笑)

で、断念。





釣れてもあまり歓迎されないフグですが、私は結構好きです。

そう珍しい種ではないのでまたモデルをお願いすることも出来るでしょう。

ということで、今回はこの辺で。(^_^;)




お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ネズミゴチ(ノドクサリ)


ネズミゴチ(全長:13cm)
2016/3/19高知新港付近で網で採集

高知ではノドクサリなどという不名誉な呼び方で外道扱いされることも多いのですが、メゴチの天婦羅と言われるものはこのトカゲゴチを使ったものが一番美味なのだそうです。

そして、ネズミゴチはネズッポ科に属し、コチ科に属するメゴチとは別種で、けれどもネズミゴチを天婦羅にするとメゴチの天婦羅になるという。(^_^;)





なかなか愛嬌のある顔立ちです

よく見ると目がハート!?



扁平、そしてどうやっても鰭を立ててくれません。


第1背鰭破れる・・・


恐る恐る第2背鰭


結局臀鰭は撮れずじまい(^_^;)




このような扁平な魚の写真を撮る時には魚の半身が入るような穴を掘って半分埋め込んだり、あるいは鰭の下に土台を差し込んだりする工夫が必要だと教えていただきました。

次回はもう少しマシな写真が撮れるよう努力したいと思います。




お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

サクラダイ

生き物図鑑に過去の釣果を追加します。




まずは2015年9月20日の釣果です。


これは雌でした



2日後にも釣れました。


こちらは雄です



同じ年の11月3日です。


容器のサイズから察すると15〜16cm位でしょうか




全長すら測ってないらしく記録が見当たりません。(^_^;)

そして・・・なんてひどい写真でしょう・・・。(ーー;)

今ならもうちょっとマシな写真が撮れそうな気がします。(笑)







【サクラダイ】
初めて行った船釣りで雌のサクラダイが釣れました 成長すると性転換して雄になるそうです(雌性先熟)
「今度は雄も釣ってみたいね」とちびっ子達と話していたら 運良く2日後に雄が釣れて嬉しかった秋の連休2015


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

クロホシマンジュウダイ

写真の加工が面白くて、過去の釣果写真を発掘しまくり。(笑)


クロホシマンジュウダイ




ところがブログには釣行記がありません。

当時は一時もちびっ子達から目を離せず慌ただしい生活をしていたので、ブログそのものの更新もほとんどないありさまでした。(^_^;)




写真は出てきたものの・・・

はて?いつ釣った?どこで?(^_^;)




頼みの綱はWEB魚図鑑。

ここに投稿していなかったら詳細は闇!?

あるかな〜?




ありました!!(^^)v



全長:28cm(2015/3/17浦戸漁港)

ちょうど丸2年前ですね。

これ以降、クロホシマンジュウダイとの新たな出会いはありません。

浦戸漁港へおとーさんがボラを釣りに行ったときに、外道で釣れた1匹だったような気がしますが、かなり怪しい記憶です。(ーー;)

記録って大事ですね。





(追記)
「これは釣ったがやのうて手網で掬うた」とブログ見たおとーさんからクレームがありました。(^_^;)

お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ヨメヒメジ

生き物図鑑に過去の釣果を追加します。


ヨメヒメジ


釣行日:2015年9月23日
釣り人:おとーさん
釣り場:高知市仁井田サンゴセンター東寄
全長:18cm




ブログにも釣行記がありました。
連休最終日(2015/9/24)】()内はブログ更新日です。

詳細な画像はありません。(^_^;)


お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

ホウボウか?(未同定)

2月某日おとーさんが高知新港付近で採集した個体です。


全長約3cm




過去にこれに似た幼魚がやって来たときも同定できませんでした。


セミホウボウ属(未同定




素人目にはセミホウボウとホウボウは名前も姿も似ているように思うのですが、分類では全く別のセミホウボウ科とホウボウ科に分かれるようです。

小さいことと、生きているので動き回るので細部が充分に観察できません。(^_^;)


撮影のためレンゲの中に入っていただく

Eくんはパッと見てホウボウ科ホウボウ属のホウボウと思ったようです。



が!

写真を見た方から「カナガシラの可能性も捨てがたい」と教えていただきました。

カナガシラはホウボウに比べ鱗が小さいということです。

鱗・・・鱗の観察はどうやってもちょっと厳しいですね。(ーー;)

同じ型のホウボウとカナガシラを手に入れなければなりませぬ。

そして、入手したとしても比較が出来るかどうか・・・う〜ん、多分無理です。(^_^;)




という事で、

今回はホウボウ属とカナガシラ属を含むホウボウ科(未同定)と記録しておくことと相成りました。











お急ぎでない方はポチッと応援お願いします。→人気ブログランキング
サビキのカネマン

<< | 2/13PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM