プロフィール
カネマン鯨
profilephoto


【名 前】カネマン鯨
【生 年】1975年
【性 別】不詳
【生息地】土佐湾
【分 類】たぶんクジラ
    
鯨は、捕獲の対象であると同時に、信仰の対象ともなってきた。
日本では、鯛と釣竿を持つ姿で知られ漁業の神でもある「恵比寿」との同一視がなされた。由来については諸説あるが、現在でも漁師が、鯨にカツオがつく様子を鯨付きと呼ぶように、魚群の水先案内として鯨類を目印としていて、その魚群を見つけ出す力を神聖視していた…
『ウィキペディア日本語版』より引用(最終更新 2011年1月1日(土) 04:38)
〈http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9〉


【サビキのカネマン】
昭和50(1975)年より高知県高知市で海釣り用のボラ皮サビキ仕掛けを製造・販売しています。
カネマン鯨は創業当時からのキャラクターです。





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カネマン製品取扱店様へ

categories

archives

recent comment

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM